日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

IAP・IAC

生物医学分野の研究における実験再現性向上に関する国際共同声明への署名

2016年9月27日に国際学術団体の一つであるIAP for Health(旧IAMP)が、生物医学分野の研究における実験再現性に関する声明を公表しました。本声明については、その重要性に鑑み、日本学術会議が日本のアカデミーを代表して署名しています。

声明にかかる公表文及び声明本体等 ※外部サイトにリンクします
抄訳PDFファイル

(注)IAP for Healthは薬学あるいは医学分野を有する科学技術に関する各国学術機関からなる国際学術団体であり、現在78の機関が加盟している。IAP for Healthは、声明の発出等を通じて、世界の保健衛生の改善に向けた取組を行っている。声明の発出は、過半数の加盟機関の賛成を得て行う。


IAP/IAC/IAMP合同理事会について

2014年5月16日、ローマ(イタリア)にて科学アカデミー・グローバルネットワーク(IAP- the global network of science academies)、インターアカデミーカウンシル(IAC- interacademy Council)、及びインターアカデミー・メディカルパネル(IAMP- the interacademy medical panel)の合同理事会が開催されました。

    概要はこちら
    関連資料はこちら(PDF形式:105KB)

科学アカデミー・グローバルネットワーク(IAP-the global network of science academies)の「合成生物学におけるグローバル・ポテンシャルの実現:科学の好機と適切なガバナンス」についての IAP 声明

声明の名称 公開日 声明文等
合成生物学におけるグローバル
・ポテンシャルの実現:科学の好機と適切なガバナンス
IAP Statement on Realising Global Potential in Synthetic Biology: Scientific Opportunities and Good Governance
2014年5月 (声明文等)
(仮訳)PDFファイル

科学アカデミー・グローバルネットワーク(IAP-the global network of science academies)/インターアカデミー・メディカルパネル(IAMP: the interacademy medical panel)の「薬剤耐性:対応要請」についての声明

声明の名称 公開日 声明文等
薬物耐性:対応要請
Antimicrobial Resistance: A Call for Action
2013年11月 (声明文等)
(仮訳)PDFファイル

原子力発電所事故の影響に関する国際会議「原子力発電所事故の教訓・過酷事故発生時の世界の科学アカデミーの役割」

 2012年10月10日(水)13時30分から、国内外の主要学術機関の会長クラスの方々をはじめとする科学者の参加により、原子力発電所事故の影響、教訓や過酷事故発生時の対応に関する議論を行う目的で、原子力発電所事故の影響に関する国際会議「原子力発電所事故の教訓・過酷事故発生時の世界の科学アカデミーの役割」を開催いたしました。
 議論のまとめを掲載しました。

    プログラムはこちら(PDF形式:93KB)
    概要はこちら(PDF形式:155KB)
    Wrap-up Sessionの取りまとめ内容はこちら(PDF形式:97KB)
    当日の議論の様子はこちら(PDF形式:1,552KB)

インターアカデミーパネル(IAP: InterAcademy Panel on international issues)執行委員会の開催

日本学術会議がメンバーとなっている「インターアカデミーパネル(IAP)」の執行委員会が、2009年9月15日(火)及び16日(水)の間、共同議長及び執行委員等参集の下、日本学術会議(東京)において行われました。IAPは1993年に設立された国際学術団体であり、現在約100カ国のアカデミーがメンバーとなっています。1996年にIAPに加盟して以来、日本学術会議は積極的にIAPの活動に携わってきました。最近の例では、2000年5月にIAP総会を東京にて開催し、その後、2004年~2006年及び2007年~2009年の2期にわたり、執行委員会の11名のメンバーの一員として活動を行ってきました。今回のIAP執行委員会では、2010年1月にロンドンにて開催されるIAP総会及びIAPカンファレンス、新執行委員及び共同議長の選出、並びに第二次IAP戦略計画(2010年~2012年用)が主な議題として話し合われました。活発な論議からの成果も多く、今後の活動が大いに期待されるところです。

    2010年IAP総会はこちら

インターアカデミーパネル(IAP: InterAcademy Panel on international issues)の熱帯雨林と気候変動についての声明

声明の名称 公開日 声明文等
熱帯雨林と気候変動についての声明
IAP Statement on Tropical Forests and Climate Change
2009年12月 <(声明文)
(仮訳)

国際会議

国際会議名 開催期間 開催地 派遣者 結果等
AASAクリーンウォータープログラムとIAPウォータープログラムの連携強化のためのアジア地域ワークショップ
The Regional Workshop “Strengthening the Collaboration between the AASA Clean Water Programme and the IAP Water Programme”
平成21(2009)年10月21日~22日 バルナウル(ロシア)  山田 正
第2回IAP若手科学者会議2009
2nd IAP Conference for Young Scientists-2009
平成21(2009)年9月9日~13日 大連(中国) 片山浩之
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN