日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ > 日本学術会議協力学術研究団体

日本学術会議協力学術研究団体

日本学術会議協力学術研究団体とは?

「日本学術会議協力学術研究団体」は、日本学術会議と各団体との間で緊密な協力関係を持つことを目的とし、従来の登録学術研究団体及び広報協力学術研究団体に代わって、平成17年10月に設けられました (日本学術会議会則第三十六条)。日本学術会議からは、広報刊行物、ニュースメール等の配布・配信、会議の共催や後援などを行っています。

■ 新規申し込みの方

日本学術会議協力学術研究団体としての要件は何ですか?

①学術研究の向上発達を図ることを主たる目的とし、かつその目的とする分野における学術研究団体として活動しているものであること、②研究者の自主的な集まりで、研究者自身の運営によるものであること、③「学術研究団体」の場合は、その構成員(個人会員)の数が100人以上であることです。
  なお、「学術研究団体の連合体」の場合は、3つ以上の協力学術研究団体を含むものであることが要件です(日本学術会議協力学術研究団体規程)。ただし、連合体に協力学術研究団体以外の団体が含まれている場合は、各団体が上記③以外の①、②の要件を満たしていることが求められます。
 更に具体的に定めた日本学術会議協力学術研究団体の指定に係る必要な要件及び手続がありますので、申込に当っては必ずご参照ください。

研究者の定義は何ですか?

当該制度における「研究者」とは、人文・社会科学から自然科学までを包含するすべての学術分野において、新たな知識を生み出す活動、あるいは科学的な知識の利用及び活用に従事する者としています。
なお、研究者の具体的要件についてはこちらをご参照ください。

日本学術会議協力学術研究団体に申し込みをしたいのですが

○ 学術研究団体の場合
日本学術会議協力学術研究団体申込書(学術研究団体用EXCEL版)  (学術研究団体用PDF版)に必要事項を記入し団体印を押印の上、同記申込書に記載されている協力学術研究団体指定要件確認書(確認書EXCEL版)(確認書PDF版)の添付物とともに、日本学術会議協力学術研究団体担当宛に郵送してください。 記入に当たっては、記入例及び記入上の注意(学術研究団体用)をご参照ください。

※ 申請に必要な役員・会員名簿の作成例はこちら

○ 学術研究団体の連合体の場合
日本学術会議協力学術研究団体申込書(学術研究団体の連合体用EXCEL版) (学術研究団体の連合体用PDF版)に必要事項を記入し団体印を押印の上、申込書に記載されている添付物とともに、日本学術会議事務局宛へ郵送してください。 記入に当たっては、記入例及び記入上の注意(連合体用)をご参照ください。

※ 申込書(EXCEL版)の内容を入力した電子媒体(FD、CD-Rなど)も合わせて送付してください。 なお、お申込みは常時受け付けています。 ご不明な点がありましたら、企画課情報係(電話:03-3403-6295)までご連絡ください。

申込みをした結果は、いつ頃分かりますか?

これまでのところ、受付後おおむね3~4か月後に結果を文書でお知らせしています。

■ 代表者、連絡先等に変更があった方

日本学術会議協力学術研究団体となりましたが、代表者などに変更があった場合、学会を解散することになった場合などは、届出が必要ですか?

申込書の記載内容に変更があったり、ホームページを開設した場合や学会の解散の場合は、日本学術会議協力学術研究団体変更届(EXCEL版) (PDF版)にご記入の上、郵送にて届け出てください。

このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN