日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ > 国際活動 > G8/G7サミットに向けた各国学術会議の共同声明

G7/G8サミットに向けた各国学術会議の共同声明(Gサイエンス学術会議共同声明)

2017年5月11日の共同声明

日本学術会議は、平成29年5月26日から27日にイタリアで開催されるG7サミットに向け、G7各国のアカデミーと共同で、「文化遺産:自然災害に対するレジリエンスの確立」、「人口高齢化における神経変性疾患の課題」、及び「新しい経済成長:科学、技術、イノベーション及び社会資本の役割」について、参加国の政府首脳に対する提言をGサイエンス学術会議共同声明として取りまとめ、本年5月11日、大西会長から安倍総理に手交しました。


PDFファイル(本文) Cultural heritage: building resilience to natural disasters
PDFファイル(仮訳) 文化遺産:自然災害に対するレジリエンスの確立
PDFファイル(本文) The challenge of neurodegenerative diseases in an aging population
PDFファイル(仮訳) 人口高齢化における神経変性疾患の課題
PDFファイル(本文) New economic growth: the role of science, technology, innovation and infrastructure
PDFファイル(仮訳) 新しい経済成長:科学、技術、イノベーション及び社会資本の役割

 平成28年度以前のGサイエンス学術会議(G7/G8学術会議)共同声明へ
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN