日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

SDGsと学術会議 アジア学術会議SAC 今後の会議開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 会長室 副会長室 第一部(人文・社会科学)の活動 第二部(生命科学)の活動 第三部(理学・工学)の活動 若手アカデミー 大学教育の分野別質保証委員会 東日本大震災への対応 フューチャー・アース おもしろ情報館

日本学術会議は
防災推進国民会議のメンバーです

日本学術会議は防災推進国民会議のメンバーです

【注意喚起】なりすましメールにご注意ください

トップ・ニュース

「医学部医学系入学試験と教育における公正性の確保を求める日本学術会議幹事会声明―男女共同参画推進の視点から―」を公表いたしました。(平成30年9月14日)

本文はこちらPDF

提言「社会的つながりが弱い人への支援のあり方について―社会福祉学の視点から―」を公表いたしました。(平成30年9月13日)

本文はこちらPDF

「SDGsとのかかわり ―第23期に発出した提言・報告を中心に―」の英訳版のページを公開しました。(平成30年9月4日)

詳細はこちら



提言「研究と産業に不可欠な中性子の供給と研究用原子炉の在り方」を公表いたしました。(平成30年8月16日)

本文はこちらPDF

S20各国アカデミーの代表者がサイエンス20(S20)共同声明をアルゼンチンの科学技術担当大臣に手交しました。

2018年7月24日~25日にアルゼンチンのロサリオにおいてG20関連会合の一つであるサイエンス20(S20)が開催されました。25日には各国アカデミーの代表者一同が、取りまとめた共同声明をアルゼンチンのリノ・バラニャオ科学技術担当大臣に手交しました。
(サイエンス20とは、G20サミットに科学的見地から政策提言を行うため、2017年にドイツが第1回S20会合を開催した会議です。本年2018年のアルゼンチン第2回S20会合を経て、2019年の第3回S20会合は日本学術会議が主催予定です。)
共同声明原文はこちらPDF
共同声明仮訳はこちらPDF
今回のS20のウェブサイトはこちら


 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告・外部評価書 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明

今後の学術フォーラムのお知らせ

9月22日 学術フォーラム「軍事的安全保障研究をめぐる現状と課題―日本学術会議アンケート結果をふまえて」PDF
9月8日 学術フォーラム「エネルギー科学技術教育の現状と課題」PDF

今後のシンポジウムのお知らせ

平成30年
12月15日 公開シンポジウム「科学的知見の創出に資する可視化:日本発の可視化研究ブレイクスルーに向けて」PDF
12月9日 公開シンポジウム「認知症患者の支援に対する心理学的貢献」PDF
12月8日 公開シンポジウム「議院内閣制はいま動いている」PDF
12月2日 公開シンポジウム「新しい国際単位系(SI)重さ、電気、温度、そして時間の計測と私たちの暮らし」PDF
11月20日 公開シンポジウム「ビッグデータの創薬と医薬品適正使用への活用に向けた提言」PDF
11月13日 公開シンポジウム「地質災害リスク軽減研究の最先端:地質科学は科学と社会にどう貢献できるのか?」PDF
11月10日 公開シンポジウム「2050年の水産資源を日本の食卓から考える」PDF
11月8日 公開シンポジウム「学術を発展させる法人制度に向けた提言~公益法人法10周年~」PDF
10月22日 公開シンポジウム「原子力総合シンポジウム2018」PDF
10月20日 日本学術会議近畿地区会議学術講演会「社会脳から心を探る-自己と他者をつなぐ社会適応の脳内メカニズム-」PDF
10月15日 公開シンポジウム「グローバル時代のデータ利用と可視化」
10月13日 公開シンポジウム「あなたが知りたい防災科学の最前線― 首都直下地震に備える」PDF
10月13日 公開シンポジウム「脳科学と人工知能(AI):その期待と課題」PDF
10月7日 公開シンポジウム「認知症の診断・治療への心理学的貢献」PDF
9月26日 公開シンポジウム「融合社会脳研究の創生と展開」PDF
9月21日 公開シンポジウム「科学と市民と農業-科学技術イノベーションの役割-」PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN