日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

SDGsと学術会議 アジア学術会議SAC 今後の会議開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 会長室 副会長室 第一部(人文・社会科学)の活動 第二部(生命科学)の活動 第三部(理学・工学)の活動 若手アカデミー 大学教育の分野別質保証委員会 東日本大震災への対応 フューチャー・アース おもしろ情報館

日本学術会議は
防災推進国民会議のメンバーです

日本学術会議は防災推進国民会議のメンバーです

【注意喚起】なりすましメールにご注意ください

トップ・ニュース

第18回アジア学術会議(SCA)を、2018年12月5日(水)から12月7日(金)まで、日本学術会議にて開催します。

第18回アジア学術会議及び論文募集の詳細については以下をご覧ください。

第18回アジア学術会議 First Announcement and Call for Papersのご案内
First Announcement and Call for Papers
第18回アジア学術会議専用サイト ※外部サイトにリンクします。
Science Council of Asia ホームページ



外部評価書に対する会長メッセージを公表しました。(平成30年6月19日)

平成30年3月に報告された外部評価書を受けて、会長メッセージ「『日本学術会議第23期3年目(平成28年10月~平成29年9月)の活動に関する評価』における指摘事項に対する考え方について」を公表しました。

本文はこちらPDF
他のメッセージ・スピーチ等はこちら



環境省自然環境局長からの審議依頼手交について(平成30年6月14日)

山極会長は、亀澤玲治環境省自然環境局長から審議依頼「人口縮小社会における野生動物管理のあり方の検討に関する審議について」の手交を受けました。今後、この審議依頼を受け、日本学術会議で本件について検討していく予定です。
審議依頼書はこちらPDF



G7サミットに向けたGサイエンス学術会議の共同声明を山極会長から安倍総理に手交しました。(平成30年5月31日)

日本学術会議は、平成30年6月8日~9日にカナダで開催されるG7サミットに向け、G7各国の学術会議と共同で、「地球規模課題としての北極圏~北極海の環境変化に対応した持続可能な社会を目指して~(仮題)」及び「デジタル・フューチャー~デジタル化による社会変革の実現と情報・知識、産業、労働・雇用への影響の展望について~(仮題)」について、参加各国の政府首脳に対する提言をGサイエンス学術会議共同声明として取りまとめ、本日5月31日、山極会長から安倍総理に手交しました。

本文はこちら
 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告・外部評価書 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明

今後の学術フォーラムのお知らせ

現在開催予定の学術フォーラムはございません。

今後のシンポジウムのお知らせ

平成30年
9月21日 公開シンポジウム「科学と市民と農業-科学技術イノベーションの役割-」PDF
9月3日 公開シンポジウム「セクシュアル・ハラスメントをめぐる法政策の現状と課題―ハラスメント根絶に向けて」PDF
8月31日 公開シンポジウム「新たな発見をもたらす科学における計測と予知・予測」PDF
8月23日 公開シンポジウム「連続公開シンポジウム-これからのいのちと健康と生活をまもる(第3回)-食・生活から健康を考える」PDF
8月10日 公開シンポジウム「Down to Earth-大地に根ざす植物の生存戦略とその応用-」PDF
8月5日 公開学術講演会「東日本大震災後の福島県立医科大学の対応 ―福島県『県民健康調査他』―PDF
8月4日 公開シンポジウム「歴史総合をどう構想するか」PDF
8月2日 公開シンポジウム「AIとIoTが拓く未来の暮らし:情報化社会の光と影」PDF
7月30日 公開シンポジウム「SDGs時代における資源開発後の鉱山環境対策のあり方」PDF
7月29日 公開シンポジウム「東日本大震災後の10年を見据えて」PDF
7月28日 公開シンポジウム「若手アカデミーが考えるシチズンサイエンスに基づいた学術横断的社会連携」PDF
7月28日 公開シンポジウム「昆虫の恵みⅡ」PDF
7月27日 公開シンポジウム「ハラスメントを鏡に、日本社会を検証する―なぜまっとうな議論ができないのか?」PDF
7月21日 公開シンポジウム「<所有権>を問い直す―基礎法学の挑戦―」PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN