日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ > 国際活動 > フューチャー・アース

フューチャー・アース

フューチャー・アースの推進に関する委員会、フューチャー・アースの国際的展開対応分科会を設置し、国際事務局を含む関連諸問題を整理・審議しています。また、5カ国の各種機関からなる国際本部事務局の一翼である日本ハブを実質的に担う構成員(関係機関群)内で推進役として機能しています。

関連リンク
 東京大学国際高等研究所サスティナビリティ学連携研究機構(IR3S)
 総合地球環境学研究所 Future Earthアジアセンター

フューチャー・アース科学者委員会、同関与委員会委員の国際公募のお知らせ(期限平成28年9月11日)

フューチャー・アース科学者委員会、同関与委員会について、一部委員の改選・補充に向け国際公募が行われることとなりましたので、お知らせいたします(期限平成28年9月11日)。 詳細は以下のリンク先をご覧ください。

 科学者委員会はこちら
 関与委員会はこちら

春日文子連携会員(フューチャー・アース国際本部事務局・日本ハブ事務局長)が、国連のハイレベル政治フォーラム(High Level Political Forum:HLPF)にてスピーチを行いました。(平成28年7月20日)

7月20日に国連のHLPFでの持続可能な開発目標の達成を論じるセッションにおいて、春日文子連携会員(フューチャー・アース日本ハブ事務局長)が、科学者の代表の一人として、政策過程における科学の役割やフューチャー・アースによる貢献の可能性に関するスピーチを行いました。
国連HLPFについてはこちら
国連での写真はIISDのHPへ

フューチャー・アース日本コンソーシアムは春日文子連携会員の日本のグローバルハブディレクターとしての任期を延長

日本学術会議が代表を務める「フューチャー・アース国際本部事務局日本コンソーシアム」は、2016年3月29日、春日文子日本学術会議連携会員(会長アドバイザー、前副会長)のフューチャー・アース国際本部事務局日本ハブ事務局長としての任期を延長することを決定しました。
※これをもって春日氏の延長後の任期は、他のグローバルハブディレクター(アメリカ、カナダ、フランス、及びスウェーデン)と同様、2018年3月末日までとなります。
※任期延長については、国際本部事務局長Paul Shrivastava氏の了承を得ております。

フュチャー・アース日本会議を開催しました。(2015年11月14日~23日)

2015年11月14日~23日にフュチャー・アース日本会議を開催しました。
会議の概要は、フューチャー・アースのホームページにも紹介されています。

 リンク先はこちら
 ホームページの和訳はこちら pdf

フューチャー・アース日本会議開催のお知らせ(2015年11月14日~23日)

国際会議名 開催期間 開催地 主催・共催
公開シンポジウム「生命を育む地球環境の変動予測と適応─我が国におけるIGBP25年間の歩み」-現在を未来につなぐ子どもたちを育てる視点から-」 平成27年11月15日(日)9:00~12:00 政策研究大学院大学
フューチャー・アース - 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015
Future Earth‐ International Conference on Science and Technology for Sustainability2015
平成27(2015)年11月15日(日)13:30-18:00 日本学術会議講堂 Future Earth、東京大学サスティナビリティ学連携研究機構、 総合地球環境学研究所、国際連合大学、国立環境研究所(予定)
(協力委員会:フューチャー・アースの推進に関する委員会、環境学委員会)
フューチャー・アース - 新たな国際プラットフォームで社会と科学をつなぐ
International Symposium on Sustainability Science:Future Earth: a new platform promoting science for society
平成27(2015)年11月21日(土)9:30-16:00(開場 9:00) 東京大学 本郷キャンパス内 安田講堂 一般社団法人サステイナビリティ・サイエンス・コンソーシアム(SSC)(主催)
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)、Future Earth、 国際連合大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、 東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム(GPSS-GLI)、 持続可能な開発ソリューション・ネットワーク・ジャパン(SDSN Japan)(共催)

サイエンスアゴラ2015 Future Earth セッションのお知らせ(2015年11月14日)

会議名 開催日時 開催地 主催・共催
サイエンスアゴラ2015
Future Earth セッション
平成27(2015)年11月14日(土)
13:00~17:00
日本科学未来館イノベーションホール 主催:日本学術会議 フューチャー・アースの推進に関する委員会
共催:国立研究開発法人科学技術振興機構・総合地球環境学研究所

フューチャー・アース日本コンソーシアムは東京のグローバルハブディレクターに春日文子連携会員を指名

日本学術会議が代表を務める「フューチャー・アース国際本部事務局日本コンソーシアム」は2015年5月12日、フューチャー・アース国際本部事務局日本ハブ事務局長に、日本学術会議連携会員(会長アドバイザー、前副会長)であり、国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長の春日文子氏を指名することになりました。
※春日氏の当初の任期は、2016年3月末日までとなります。
※国際本部事務局を担う5ヶ国間(日本の他、アメリカ、カナダ、フランス、スウェーデン)の申し合わせに従い、選考にはフューチャー・アース事務局長Paul Shrivastava氏も参加し、春日氏の指名はフューチャー・アース評議会(ガバニング・カウンシル)の事実上の了承も得ています。
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN