日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

SDGsと学術会議 アジア学術会議SAC 今後の会議開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 会長室 副会長室 第一部(人文・社会科学)の活動 第二部(生命科学)の活動 第三部(理学・工学)の活動 若手アカデミー 大学教育の分野別質保証委員会 東日本大震災への対応 フューチャー・アース おもしろ情報館

日本学術会議は
防災推進国民会議のメンバーです

日本学術会議は防災推進国民会議のメンバーです

G20大阪サミットに向けて
科学的な提言を行います

G20大阪サミットに向けて科学的な提言を行うサイエンス20(S20)のホームページ

【注意喚起】なりすましメールにご注意ください

トップ・ニュース

Gサイエンス学術会議共同声明を総理に手交しました。(令和元年8月8日)

回答を手交する安倍総理と山極会長

山極会長より、G7サミットに向けた「Gサイエンス学術会議共同声明」を総理に手交しました。


Gサイエンス学術会議についてはこちら








回答「人口縮小社会における野生動物管理のあり方」を手交しました。(令和元年8月1日)

回答を手交する山極会長と鳥居局長

山極会長より、回答「人口縮小社会における野生動物管理のあり方」を鳥居敏男 環境省自然環境局長に手交しました。





本文はこちら(PDF形式:879KB)PDF


報告「高等学校の生物教育における重要用語の選定について(改訂)」を公表しました。(令和元年7月8日)


報告のポイントはこちら 本文はこちら(PDF形式:505KB)PDF

提言「ゲノム医療・精密医療の多層的・統合的な推進」を公表しました。(令和元年7月2日)


提言のポイントはこちら 本文はこちら(PDF形式:702KB)PDF
 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告・外部評価書 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す
  • 分野で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明

今後の学術フォーラムのお知らせ

2019年
10月10日 学術フォーラム「産学共創がうみだすベンチャー・インキュベーション」PDF
10月3日 学術フォーラム「科学的エビデンスに基づく『スポーツの価値』の普及の在り方」PDF
9月27日 学術フォーラム「いま問われる物理教育改革-より効果的な理工学教育をめざして」PDF
9月16日 学術フォーラム「自動車の自動運転の推進と社会的課題について―移動の本能と新しい社会のデザイン-」PDF
9月8日 学術フォーラム「Future Earthと学校教育:持続可能な社会と海洋の実現を目指して」PDF

今後のシンポジウムのお知らせ

2019年
11月10日 公開シンポジウム「高次脳機能障害の実際と心理学の役割」PDF
10月30日 公開シンポジウム「気候変動適応に関する農業分野(民間)の取り組み」PDF
10月22日 公開シンポジウム「第一線で活躍する研究者と語り合おう! 生命科学の魅力を語る 高校生のための集い」PDF
10月12日 公開シンポジウム「地球システムと私たちの生活-人新世時代の想像力(Ⅱ)」PDF
10月10日、11日 公開シンポジウム「翻訳における文化-世界歴史・世界文化・世界社会- トランスカルチャーにおける日本とドイツ、世界の比較」PDF
10月6日 公開シンポジウム「高次脳機能障害の実際と心理学の役割」PDF
9月30日 公開シンポジウム「林業と建築における木材利用 ―川上から川下までの現状と課題―」PDF
9月5日 公開シンポジウム「持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals: SDGs) のためのロバストな農業・食料生産」PDF
9月4日 公開シンポジウム「イノベーション創出に向けた計測分析プラットフォームの構築~どんな基盤をつくり何を目指すか~」PDF
9月2日 公開シンポジウム「土と持続可能な開発目標(SDGs)―アフリカの土・市街地の土―」PDF
8月10日 公開シンポジウム「復興の「いま」と「これから」―― 社会的モニタリングと震災アーカイブの役割 ――」PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN