日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

SDGsと学術会議 アジア学術会議SAC 今後の会議開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 会長室 副会長室 第一部(人文・社会科学)の活動 第二部(生命科学)の活動 第三部(理学・工学)の活動 若手アカデミー 大学教育の分野別質保証委員会 東日本大震災への対応 フューチャー・アース おもしろ情報館

日本学術会議は
防災推進国民会議のメンバーです

日本学術会議は防災推進国民会議のメンバーです

G20大阪サミットに向けて
科学的な提言を行います

G20大阪サミットに向けて科学的な提言を行うサイエンス20(S20)のホームページ

【注意喚起】なりすましメールにご注意ください

トップ・ニュース

報告「農業経済学の学部教育のあり方」を公表いたしました。(平成31年3月13日)


本文はこちらPDF

環境大臣へのサイエンス20(S20)共同声明の手交について(平成31年3月8日)

共同声明を環境大臣に手交する山極会長

3月8日、山極会長は、3月6日に日本学術会議で開催されたサイエンス20(S20)において採択された共同声明「海洋生態系への脅威と海洋環境の保全-特に気候変動及び海洋プラスチックごみについて-」を原田義昭環境大臣に手交しました。手交には城内実環境副大臣も同席しました。

共同声明本文はこちらPDF
仮訳はこちらPDF



サイエンス20(S20)共同声明の手交について(平成31年3月6日)

共同声明を手交する安倍総理と山極会長。S20各国アカデミー代表者

日本学術会議は、本日3月6日、G20各国の科学アカデミー代表を集め、議長アカデミーとしてサイエンス20(S20)を開催しました。S20においては、「G20大阪サミット2019」(6月28日~29日)及び「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」(6月15日~16日に長野県で開催)に向け、 共同声明「海洋生態系への脅威と海洋環境の保全-特に気候変動及び海洋プラスチックごみについて-」を取りまとめました。共同声明は、採択後、総理官邸において、山極会長から安倍総理に手交しました。

本文
Threats to Coastal and Marine Ecosystems, and Conservation of the Ocean Environment - with Special Attention to Climate Change and Marine Plastic WastePDF
仮訳
海洋生態系への脅威と海洋環境の保全-特に気候変動及び海洋プラスチックごみについて-PDF
S20ホームページはこちらから

 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告・外部評価書 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す
  • 分野で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明

今後の学術フォーラムのお知らせ

4月19日 学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来 Part2」PDF

今後のシンポジウムのお知らせ

平成31年
5月25日 公開シンポジウム「第92回日本学術会議-日本産業衛生学会共催シンポジウム」PDF
5月21日 公開シンポジウム「第32回環境工学連合講演会」PDF
5月18日 公開シンポジウム「小児期・青年期からの食生活習慣の見直しと生活習慣病予防」PDF
5月16日 公開シンポジウム「環境変動にともなう生態系の応答を測る」PDF
4月12日 公開シンポジウム「サステイナブルな社会に向けた科学技術と自然界での炭素・水素・酸素・窒素の循環の調和」PDF
4月6日 公開シンポジウム「男女がともにつくる民主政治を展望する―政治分野における男女共同参画推進法の意義―」PDF
4月5日 公開シンポジウム「繰り返される災害-少子高齢化の進む地域で生き抜くということ-」PDF
3月29日 公開シンポジウム「我が国の公衆衛生の重要課題を考える」PDF
3月28日 公開シンポジウム「スマート畜産:IoT・人工知能およびロボット技術の利活用」PDF
3月27日 公開シンポジウム「欧州一般データ保護規則(GDPR)に対する日本の学術界の対応」PDF
3月25日 公開シンポジウム「放牧・酪農による中山間地活性化の可能性を探る」PDF
3月23日 公開シンポジウム「学術から考える英語教育問題―CEFR、入試改革、高大接続―」※3月1日より申し込み受付PDF
3月22日 公開シンポジウム「ラーニングアナリティクスによるエビデンスに基づく教育に関する国際シンポジウム」PDF
3月21日 公開シンポジウム「心疾患の診療提供体制:循環器病対策基本法制定を受けて-かかりつけ医での診療・多職種介入・心臓リハビリテーションの定着に向けて-」PDF
3月21日 公開シンポジウム「「21世紀社会における日本のエレクトロニクスを支える博士人材育成」PDF
3月21日 公開シンポジウム「「地理総合」で何が変わるか」PDF

最近の提言・報告

平成31年
3月13日 報告「報告「農業経済学の学部教育のあり方」」PDF
2月21日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準 化学分野」PDF
2月14日 提言「学協会に係る法人制度―運用の見直し、改善等について」PDF
平成30年
12月26日 提言「ハッブルの法則の改名を推奨するIAU決議への対応」PDF
12月18日 回答「国際リニアコライダー計画の見直し案に関する所見」PDF
12月14日 提言「生きる力の更なる充実を目指した家庭科教育への提案―より効果的な家庭科教育の実現に向けて―」PDF
12月7日 「ゲノム編集による子ども」の誕生についての日本学術会議幹事会声明PDF
12月6日 報告「第24期学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン策定の方針」PDF
11月28日 提言「知識集約型社会の拠点となる大学のあり方-2025年までに達成する社会変革-」PDF
11月7日 提言「サマータイム導入の問題点:健康科学からの警鐘」PDF
9月14日 幹事会声明「医学部医学系入学試験と教育における公正性の確保を求める日本学術会議幹事会声明―男女共同参画推進の視点から―」PDF
9月13日 提言「社会的つながりが弱い人への支援のあり方について―社会福祉学の視点から―」PDF
8月16日 提言「研究と産業に不可欠な中性子の供給と研究用原子炉の在り方」PDF
2月27日 報告「生命科学における研究資金のあり方」PDF
1月22日 提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取扱いについて」PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN