日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

SDGsと学術会議 アジア学術会議SAC 地方学術会議 今後の会議開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 会長室 副会長室 第一部(人文・社会科学)の活動 第二部(生命科学)の活動 第三部(理学・工学)の活動 若手アカデミー 大学教育の分野別質保証委員会 東日本大震災への対応 フューチャー・アース おもしろ情報館

日本学術会議は
防災推進国民会議のメンバーです

日本学術会議は防災推進国民会議のメンバーです

G20大阪サミットに向けて
科学的な提言を行います

G20大阪サミットに向けて科学的な提言を行うサイエンス20(S20)のホームページ

【注意喚起】なりすましメールにご注意ください

トップ・ニュース

提言「歴史的思考力を育てる大学入試のあり方について」を公表しました。(令和元年11月22日)

提言のポイントはこちら本文はこちら(PDF形式:4,711KB)PDF



令和2年10月の日本学術会議会員・連携会員の半数改選に向けて(令和元年11月22日)

半数改選に関する必要な資料を掲載しました。


詳しくはこちら

今井大臣政務官が男女共同参画に携わる研究者等と懇談(令和元年11月21日)

若手女性研究者の置かれた状況について説明を聞く今井大臣政務官

令和元年11月17日、今井絵理子内閣府大臣政務官は、男女共同参画に携わる研究者等と日本学術会議で懇談し、学術における男女共同参画の実態や、男女共同参画の推進に向けた取組について意見交換を行いました。


詳細はこちら



提言「持続可能な生命科学のデータ基盤の整備に向けて」を公表しました。(令和元年11月18日)

提言のポイントはこちら本文はこちら(PDF形式:297KB)PDF



研究者の「働き方改革」と自由な研究時間確保の両立についての日本学術会議幹事会声明を公表しました。(令和元年11月7日)

本文はこちら(PDF形式:145KB)PDF



提言「第6期科学技術基本計画に向けての提言」を公表しました。(令和元年11月6日)

提言のポイントはこちら本文はこちら(PDF形式:978KB)PDF



 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告・外部評価書 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す
  • 分野で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明

今後の学術フォーラムのお知らせ

2019年
11月24日 学術フォーラム「ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える」PDF

今後のシンポジウムのお知らせ

2020年
3月18日 公開シンポジウム「第9回防災学術連携シンポジウム 低頻度巨大災害を考える」PDF
3月12日 公開シンポジウム「総合工学シンポジウム2020-文理の協創によって社会的課題に立ち向かうー」PDF
2月29日 公開シンポジウム「安心感等検討シンポジウム―安心感とは?―」PDF
1月23日 公開ワークショップ「大学の国際化による地方活性化促進:地域拠点としての大学の在り方を考える」PDF
1月11日 公開シンポジウム「現代日本の「働く仕組み」:社会学からのアプローチ」PDF
2019年
12月24日 公開シンポジウム「令和元年台風第19号に関する緊急報告会」PDF
12月22日 公開シンポジウム「第2期を迎えた地方創生と地域学のパースペクティブ」PDF
12月21日 公開シンポジウム「政治への「参画障壁」をいかに乗り越えるか」PDF
12月21日 公開シンポジウム「地球環境変動と人間活動ー世界各地で急速に深刻化する地球温暖化の影響と対策ー」PDF
12月20日 公開シンポジウム「アジア近隣諸国との対立と協働―学術ネットワークをいかに継続的に構築するか」PDF
12月19日 公開シンポジウム「わが国の水産養殖の未来像」PDF
12月15日 公開シンポジウム「科学的知見の創出に資する可視化(3):新しい文理融合研究を創出する可視化」PDF
12月11日 公開シンポジウム「第9回 計算力学シンポジウム」PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN