日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

会長からのメッセージ 副会長室 各部の審議活動 今後の委員会開催案内 サイエンスカフェ 今後の国際会議開催予定 アジア学術会議SAC 持続可能な社会に関する国際会議 東日本大震災への対応 おもしろ情報館 第23期発足に当たって

東日本大震災への対応

 日本学術会議では、平成23年3月11日の東日本大震災発生後、東日本大震災対策委員会を設置し、9月までの間、提言、報告等を取りまとめました。
 平成23年10月以降は、東日本大震災復興支援委員会及び東日本大震災に係る学術調査検討委員会を設置し、審議、調査、提言等の活動を行っています。

トップ・ニュース

黒田玲子連携会員が発展途上国における科学振興のための世界科学アカデミー(TWAS:the World Academy of Sciences for the advancement of science in developing countries)のフェローに選出new

黒田玲子連携会員が平成26年10月26日(日)オマーンで開かれている第25回TWAS総会において、フェローに選出されました。
TWASはユネスコのプログラムの一つで発展途上国の持続的繁栄を目的に、科学・技術の振興のための活動を行っています。

詳細はTWASのHPへhttp://twas.org/article/forty-six-new-twas-fellows

会長談話 「赤﨑勇教授、天野浩教授、中村修二教授のノーベル物理学賞受賞を祝して」(平成26年10月17日)new

赤﨑勇教授、天野浩教授、中村修二教授のノーベル物理学賞受賞を祝して日本学術会議会長談話を公表いたします

本文はこちらPDF

アジア科学アカデミー・科学協会連合(AASSA)に加盟いたしました。new

平成26年10月16日にニューデリーで開催されたアジア科学アカデミー・科学協会連合 (AASSA:The Association of Academies and Societies of Sciences in Asia)の総会において、日本学術会議の新規加盟が承認されました。AASSAはアジア及び南洋州における各国横断型かつ分野横断型の国際的な地域学術団体として平成24年1月に誕生しました。
また、日本学術会議が加入しているIAP(科学アカデミーのグローバルネットワーク)のアジア地域での支部的な機能を果たすネットワークとされています。

AASSA:http://aassa.asia/ PDF

日本学術会議

日本学術会議は、平成26年10月1日より第23期がスタートいたしました。

日本学術会議第23期副会長が選出されました。(平成26年10月2日)


 向井 千秋 (組織運営等担当)

 井野瀬 久美惠 (政府との関係等担当)

 花木 啓祐 (国際活動担当)

日本学術会議第23期会長に大西隆会員が選出されました。(平成26年10月1日

日本学術会議第23期連携会員が任命されました。(平成26年10月1日)

 第23期連携会員名簿(専門分野別)はこちらPDF

日本学術会議第23期新会員が任命されました。(平成26年10月1日)


 第23期会員名簿(継続会員含む)はこちらPDF
 第23期会員名簿(新会員のみ)はこちらPDF

国際会議の共同主催を募集します。

平成29年度(2017年度)に開催される国際会議を対象に、共同主催の募集を行います。一昨年度から募集に当たり、申請要件の緩和や書類の簡素化を行い、従来に比べ、国内の学術研究団体に広く申請して頂けるよう規定の改正を行いました。
申請を希望される場合は、日本学術会議国際会議担当まで御連絡ください。
 概要はこちら

荒川泰彦日本学術会議連携会員が国際光学委員会(ICO:International Commission for Optics)の会長に当選

平成26年8月25日~29日にサンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)で開催された国際光学委員会(ICO:International Commission for Optics)の総会において、荒川泰彦連携会員が次期会長に選ばれました。
任期は平成26年10月1日からの3年間です。

巽和行日本学術会議連携会員がICSU(国際科学会議)理事に当選

第31回ICSU総会オークランドにて、巽和行日本学術会議連携会員がICSU(国際科学会議)の理事に当選いたしました。(平成26年9月3日)

 本文はこちらPDF
 過去のトップ・ニュースはこちら
日本学術会議憲章 科学者の行動規範 年次報告 提言・報告等
  • 年で探す
  • 期で探す

  • 答申
  • 回答
  • 勧告
  • 要望
  • 声明
  • 提言
  • 報告
  • 会長談話
  • 共同声明
  • 幹事会声明
img/top_ban06.jpg学術の動向調達情報Twitter

今後のシンポジウムのお知らせ

平成27年
1月14日-16日 防災・減災に関する国際研究のための東京会議
平成26年
12月18日 日本学術会議公開シンポジウム「ナノ素材とナノ測定が拓くイノベーション」 PDF
12月11日 CIRPシンポジウム 国家レベルの産業競争力強化の取り組み―欧米における生産技術研究開発プロジェクトの動向― PDF
12月7日 日本学術会議主催学術フォーラム「工学分野の参照基準とこれからの工学教育」 PDF
12月6日 公開シンポジウム「グローバル人文学の可能性と課題」 PDF
12月6日 中国・四国地区会議学術講演会「産学官連携による地域活性化」 PDF
12月5日 日本学術会議公開シンポジウム「人間力・社会力を強化する情報技術」 PDF
12月3日 九州・沖縄地区会議学術講演会「高齢化社会を支える-地域医療と福祉テクノロジー-」 PDF
12月1日 日本学術会議公開シンポジウム「第4回計算力学シンポジウム」 PDF
11月30日 日本学術会議公開シンポジウム「看護系学会の看護ケアガイドライン開発の現状と展望」 PDF
11月29日 日本学術会議主催学術フォーラム「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか」 PDF
11月21日 日本学術会議公開シンポジウム「東日本大震災からの水産業および関連沿岸社会・自然環境の復興・再生に向けて(第2回)-日本学術会議の第二次提言を踏まえて-」 PDF
11月14日 北海道地区会議学術講演会「高齢化社会の食と医療~心身の健康のために~」 PDF

最近の提言・報告

平成26年
10月17日new 会長談話「赤﨑勇教授、天野浩教授、中村修二教授のノーベル物理学賞受賞を祝して」 PDF
9月30日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:地理学分野」 PDF
9月30日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:文化人類学分野」 PDF
9月30日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:社会学分野」 PDF
9月30日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:心理学分野」 PDF
9月30日 報告「オープンデータに関する権利と義務-本格的なデータジャーナルに向けて-」 PDF
9月30日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:地球惑星科学分野」 PDF
9月30日 報告「学術分野における男女共同参画促進のための課題と推進策」 PDF
9月30日 提言「東京電力福島第一原子力発電所事故による長期避難者の暮らしと住まいの再建に関する提言」 PDF
9月30日 提言「知的生産者選定に関する公共調達の創造性喚起」 PDF
9月30日 提言「東日本大震災を教訓とした安全安心で持続可能な社会の形成に向けて」 PDF
9月30日 報告「社会福祉系大学院発展のための提案-高度専門職業人養成課程と研究者養成課程の並立をめざして」 PDF
9月30日 提言「気候変動下の大規模災害に対する適応策の社会実装-持続性科学・技術の視点から-」 PDF
9月30日 提言「これからの地球惑星科学と社会の関わり方について-東北地方太平洋沖地震・津波・放射性物質拡散問題からの教訓-」 PDF
9月30日 提言「地理教育におけるオープンデータの利活用と地図力/GIS技能の育成-地域の課題を分析し地域づくリに参画する人材育成-」 PDF
9月30日 提言「超高齢社会のフロントランナー日本:これからの日本の医学・医療のあり方」 PDF
9月29日 提言「ユビキタス状況認識社会の構築と時空間データ基盤の整備について」 PDF
9月29日 提言「我が国の研究力強化に資する若手研究人材雇用制度について」 PDF
9月29日 提言「ロボット活用による社会課題解決とそれを支える先端研究の一体的推進方策~社会共創ロボティクス~」 PDF
9月26日 報告「再生可能エネルギーの利用拡大に向けて」 PDF
9月26日 報告「環境学の俯瞰」 PDF
9月26日 提言「発電以外の原子力利用の将来のあり方について」 PDF
9月25日 報告「理学・工学分野における科学・夢ロードマップ2014(夢ロードマップ2014)」
9月25日 報告「高レベル放射性廃棄物の暫定保管に関する技術的検討」 PDF
9月25日 報告「高レベル放射性廃棄物問題への社会的対処の前進のために」 PDF
9月25日 提言「東日本大震災からの復興政策の改善についての提言」 PDF
9月22日 報告「最近の対外的緊張関係の解消と日本における多文化共生の確立に向けて」 PDF
9月22日 報告「生命科学の基盤となる統合バイオイメージング科学の研究推進」 PDF
9月22日 提言「災害に対するレジリエンスの向上に向けて」 PDF
9月19日 報告「社会や市場の変化に対応する生産科学の振興と人材育成」 PDF
9月19日 提言「復興に向けた長期的な放射能対策のために-学術専門家を交えた省庁横断的な放射能対策の必要性-」 PDF
9月19日 提言「復興・国土強靭化における生態系インフラストラクチャー活用のすすめ」 PDF
9月17日 報告「工学システムに対する社会の安全目標」 PDF
9月17日 報告「大容量情報時代の次世代生物学」 PDF
9月17日 報告「学士の学位に付記する専攻分野の名称の在り方について」 PDF
9月17日 提言「農林水産業への地球観測・地理空間情報技術の応用-持続可能な食料生産と環境保全-」 PDF
9月16日 報告「若手研究者ネットワークの継続的運用に向けて」 PDF
9月16日 提言「被災者に寄り添い続ける就業支援・産業振興を」 PDF
9月11日 提言「持続可能な未来のための教育と人材育成の推進に向けて」 PDF
9月11日 提言「ビッグデータ時代に対応する人材の育成」 PDF
9月11日 提言「これからの労働者の心の健康の保持・増進のために」 PDF
9月11日 提言「科学と社会のよりよい関係に向けて―福島原発災害後の信頼喪失を踏まえて―」 PDF
9月10日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:政治学分野」 PDF
9月9日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準: 歴史学分野」 PDF
9月8日 報告「日本学術会議の果たし得る評価機能について」 PDF
9月8日 提言「いまこそ「包摂する社会」の基盤づくりを」 PDF
9月4日 提言「医学教育における必修化をはじめとする放射線の健康リスク科学教育の充実」 PDF
9月4日 提言「環境リスクの視点からの原発事故を伴った巨大広域災害発生時の備え」 PDF
9月3日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:地域研究分野」 PDF
9月2日 報告「東京電力福島第一原子力発電所事故によって環境中に放出された放射性物質の輸送沈着過程に関するモデル計算結果の比較」
報告(日本語1)PDF 報告(英語1)PDF
報告(日本語2)PDF 報告(英語2)PDF
報告(日本語3)PDF 報告(英語3)PDF
報告(日本語4)PDF 報告(英語4)PDF
報告(日本語5)PDF 報告(英語5)PDF
報告(日本語6)PDF 報告(英語6)PDF
報告(日本語7)PDF 報告(英語7)PDF
9月1日 報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:材料工学分野」 PDF
9月1日 報告「福島原発事故による放射能汚染と森林、林業、木材関連産業への影響-現状及び問題点-」 PDF
9月1日 提言「超高齢社会における運動器の健康-健康寿命延伸に向けて-」 PDF
9月1日 提言「昆虫分類・多様性研究の飛躍的な拡充と基盤整備の必要性」 PDF

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
会員・連携会員のページ
日本学術会議 Science Council of Japan
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34  電話 03-3403-3793(代表)案内図
このホームページについて Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN