国際シンポジウム「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2021」~ネットゼロ・エミッション―達成に向けた学術の役割―~> English

 気候変動に対する危機意識が国際的に高まりを見せる中、2021年はネットゼロに向けた目標設定と、そこに至る具体的な対策が広く検討された1年でした。本会議では、国内外の多様な学問分野の専門家に参加を呼び掛け、SDGsで示された17のゴールと気候変動に関する最新の動向を踏まえつつ、世界がネットゼロ達成を実現するために、学術界がいかなる貢献をすべきか議論します。本会議では「アジアでのネットゼロ・エミッション」、および「気候変動をめぐるシナジーとトレードオフ」の二つを取り上げ、これらの論点における学術の役割を分野横断的に模索します。

>>>登壇者・講演概要はこちら(PDF形式:960KB)

イベント概要

日時 2022/1/31(月) 16:00~18:00
2022/2/1 (火) 20:00~22:00(共に日本時間)
開催地 オンラインで開催(ZOOM Webinar)
対象 どなたでも御参加いただけます(参加登録要)
参加費 無料
申込み 以下のフォームにご記入いただき、お申込みください。
>> 申し込みフォーム
定員 1000名程度
使用言語 英語・日本語
主催 日本学術会議
後援 文部科学省、環境省、国立研究開発法人国立環境研究所、国際学術会議(ISC)、Future Earth国際事務局日本ハブ
プログラム

1日目<1月31日(月)>

16:00-16:05 開会挨拶
梶田 隆章(日本学術会議会長、東京大学卓越教授・特別栄誉教授、東京大学宇宙線研究所長)
16:05-16:10 来賓挨拶【ビデオメッセージ】
小林 鷹之(内閣府特命担当大臣(科学技術政策))
16:10-16:15 趣旨説明
亀山 康子(国立研究開発法人国立環境研究所社会システム領域領域長、日本学術会議『国際委員会持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2021分科会』委員長)
16:15-17:00 ショートスピーチ(各15分程度)
ヨハン・ロックストローム(ポツダム気候変動影響研究所ディレクター、ポツダム大学地球システム科学教授)
ジャン・ケジュン(中国国家発展改革委員会エネルギー研究所上席研究員)
ミランダ・シュラーズ(ミュンヘン工科大学環境気候政策教授)
17:00-18:00 パネルディスカッション
モデレーター:亀山 康子
パネリスト:ジャン・ケジュン
      ミランダ・シュラーズ
      田辺 新一(早稲田大学創造理工学部建築学科教授)

2日目<2月1日(火)>

20:00-20:05 趣旨説明
亀山 康子(国立研究開発法人国立環境研究所社会システム領域領域長、日本学術会議『国際委員会持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2021分科会』委員長)
20:05-20:50 ショートスピーチ(各15分程度)
ロビン・グライムス(ロイヤル・ソサイエティ外務担当副会長、インペリアル・カレッジ・ロンドン材料学科エネルギー材料教授)
橋本 禅(東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、東京大学未来ビジョン研究センター准教授)
ダイアン・コイル(ケンブリッジ大学公共政策教授)
20:50-21:55 パネルディスカッション
モデレーター:春日 文子(Future Earth国際事務局日本ハブ事務局長、国立環境研究所特任フェロー)
パネリスト:
 ロビン・グライムス
 橋本 禅
 ダイアン・コイル
21:55-22:00 閉会挨拶
髙村 ゆかり(日本学術会議副会長、東京大学未来ビジョン研究センター教授)
 問い合わせ 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2021運営事務局
株式会社 日本旅行 公務法人営業部
Tel:03-5402-6331 fax:03-3437-3955
E-mail:stst(a)nta.co.jp ※(a)を@に変えて送信ください。