地方学術会議

日本学術会議では、これまで進めてきた地方における取組の強化を図ることで地方創生へのより一層の貢献を図ることを目的として、平成30年度から新たに地方学術会議を開催することとしました。地方学術会議では、科学者のみならず地域のリーダー等を巻き込んだ意見交換を通じて地域の課題の解決に貢献することや、若い世代の科学に対する興味・関心を喚起する等の企画を実施することとしています。


  地方学術会議の開催について(PDF形式:197KB) PDF

  地方学術会議の今後の進め方について(PDF形式:241KB) PDF

令和3年度の地方学術会議

 ■日本学術会議in福岡

 開催日:令和4年2月23日(水・祝)12:30~17:25
 場 所:オンライン開催

     開催趣旨:
  • 新しい時代を切り開くには、若手リーダーの力が必要である。グローバル社会では、若手リーダーが政治や経済の世界を牽引するのはもはや驚くべきことではない。日本が国際競争力の低迷状態から抜け出し、再び世界トップに返り咲くためには、組織が積極的に若手を登用し、世代交代を進めることが極めて重要である。日本でも、地方を中心に若手リーダーが台頭し始めている。今回の日本学術会議 in 福岡では、「若手が活躍できる社会」をいかに実現するか、地方創生における若者のリーダーシップの現状と課題、未来のあるべき姿について、日本学術会議関係者、地元産学官代表者、そして若手研究者間で活発な議論を進める。

 プログラム
  第一部 幹事会懇談会(非公開)12:30~13:30
九州大学の教員による話題提供及びそれを踏まえた自由討議
参加者:幹事会構成員、九州大学執行部、会員、連携会員
地元産学官(50名程度)

  第二部 学術講演会(公開)14:00~17:25
「若手研究者が考える地方創生と学術の未来」

平成30年度の地方学術会議

 ■日本学術会議in北海道

 平成31年2月14日 札幌市において日本学術会議in北海道を開催しました。

 日本学術会議in北海道 学術講演会「Society5.0で北海道が変わる」(PDF形式:578KB) PDF



 ■日本学術会議in京都

 平成30年12月22日、京都市において日本学術会議in京都「伝統文化と科学・学術の新たな出会い」を開催しました。

 日本学術会議in京都「伝統文化と科学・学術の新たな出会い」(PDF形式:2.417KB) PDF

  報告はこちら(PDF形式:204KB) PDF