日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

防災減災学術連携委員会(24期)


防災には多くの研究分野が関係し、専門分野の枠をこえて取り組む必要があります。本委員会は、防災に関わる56学会のネットワーク組織「防災学術連携体」と連携して、平成28年熊本地震、平成29年九州北部豪雨、平成30年西日本豪雨に際し行政との連携を図ると共に、多くの学会が参加する緊急報告会等を開催し、情報交流と総合的対策を発信してきました。さらに、内閣府防災担当と協力し、防災推進国民大会において防災科学の最前線を市民に伝えるシンポジウムも開催しています。
熊本地震・一周年報告会 熊本県庁大会議室
(30学会発表/平成29年4月15日)
 構成員(PDF形式:21KB)pdf
 設置要綱(PDF形式:94KB)pdf
 設置提案書(PDF形式:345KB)pdf

注:平成30年2月22日付けで、委員会の名称が「防災減災・災害復興に関する学術連携委員会」から「防災減災学術連携委員会」に変更

開催状況

第11回(令和 2年 6月23日) 議事次第(PDF形式:75KB)pdf 議事要旨(PDF形式:201KB)pdf 資料1-1:公開シンポジウム「低頻度巨大災害を考える」事後報告書(PDF形式:190KB)pdf
資料1-2:公開シンポジウム「低頻度巨大災害を考える」ちらし(PDF形式:386KB)pdf
・資料1-3:建設通信記事
資料2-1:市民への緊急メッセージ「感染症と自然災害の複合災害に備えて下さい」(PDF形式:147KB)pdf
・資料2-2:市民向け緊急メッセージ関連記事(抜粋)
資料3:日本学術会議主催学術フォーラム・第 11 回防災学術連携シンポジウム(案)「東日本大震災からの十年とこれから~58 学会と防災学術連携体の活動~」(PDF形式:295KB)pdf
資料4:【企画提案書】ぼうさいこくたい公開シンポジウム」(PDF形式:285KB)pdf
資料5-1:防災減災学術連携委員会(24期)メンバー(PDF形式:20KB)pdf
資料5-2:防災減災学術連携委員会設置要綱(PDF形式:92KB)pdf
資料5-3:日本学術会議ポスター(PDF形式:334KB)pdf
参考資料1:防災学術連携委員会(第10回)(PDF形式:150KB)pdf
第10回(令和 2年 3月 3日) 議事次第(PDF形式:107KB)pdf 議事要旨(PDF形式:150KB)pdf 資料1:公開シンポジウム「令和元年台風第19号に関する緊急報告会」プログラム(PDF形式:1,144KB)pdf
資料2:公開シンポジウム「令和元年台風第19号に関する緊急報告会」事後報告書(PDF形式:262KB)pdf
資料3:公開シンポジウム「低頻度巨大災害を考える」プログラム(PDF形式:415KB)pdf
資料4:「第3回防災に関する日本学術会議・学協会・府省庁の連絡会」概要(PDF形式:146KB)pdf
・資料5:日本学術会議主催学術フォーラム・第10回防災学術連携シンポジウム「東日本大震災からの十年とこれから~58学会と防災学術連携体の活動」(仮案)
・資料6:ぼうさいこくたい2020応募計画案
・参考資料1:防災学術連携委員会(第7回)議事要旨
・参考資料2:第25回日本災害医学会総会・学術集会主要プログラム
・参考資料3:地球惑星科学連合大会パブリックセッションへの参加
第9回(令和元年11月14日) メール審議 議事要旨(PDF形式:102KB)pdf
第8回(令和元年10月30日) メール審議 議事要旨(PDF形式:103KB)pdf
第7回(令和元年 6月13日) 議事次第(PDF形式:102KB)pdf 議事要旨(PDF形式:236KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
・資料2:第8回防災学術連携シンポジウム企画案
資料3:第2回「防災に関する日本学術会議・学協会・府省庁の連絡会」資料
・資料4:座席表、出席予定者リスト
第6回(平成31年 1月 8日) 議事次第(PDF形式:80KB)pdf 議事要旨(PDF形式:234KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
資料2:公開シンポジウム「あなたが知りたい防災科学の最前線 首都直下地震に備える」プログラムpdf
資料3:公開シンポジウム「あなたが知りたい防災科学の最前線 首都直下地震に備える」事後報告書pdf
・資料4:建設通信紙面(2018年10月18日)
・資料5:建設工業新聞紙面(2018年10月19日)
資料6:学術フォーラム「平成30年夏に複合的に連続発生した自然災害と学会調査報告(案)」pdf
資料7:定例案:防災に関する学術会議・学協会・府省庁の連絡pdf
第5回(平成30年 9月28日) 議事次第(PDF形式:180KB)pdf 議事要旨(PDF形式:186KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
資料2:西日本豪雨災害緊急集会 議事録(平成30年7月16日)pdf
資料3:西日本豪雨・市民への緊急メッセージpdf
資料4:公開シンポジウム「西日本豪雨災害の緊急報告会」ポスターpdf
資料5:防災推進国民大会2018セッションプログラムpdf
資料6:ぼうさいこくたい会場pdf
資料7:定例案:防災に関する学術会議・学協会・府省庁の連絡会pdf
資料8:防災学術連携シンポジウム素案(平成31年3月)pdf
・参考資料1:建設通信・建設工業紙面(平成30年9月11日)
・参考資料2:建設通信紙面(平成30年9月20日)
第4回(平成30年 6月 5日) 議事次第(PDF形式:67KB)pdf 議事要旨(PDF形式:199KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
・資料2:第1回「防災に関する日本学術会議・学協会・府省庁の連絡会」
表紙~P6pdf
P7~P11pdf
P12~P17pdf
P18~P26pdf
P27~P33pdf
P34~P42pdf
P43~P49pdf
P50~P61pdf
・資料3:座席表、出席予定者リスト
第3回(平成30年 4月13日) 議事次第(PDF形式:116KB)pdf 議事要旨(PDF形式:286KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
資料2:防災減災・災害復興に関する学術連携委員会の設置期限延長についてpdf
資料3:緊急事態における日本学術会議の活動に関する指針pdf
資料4:設置要綱(防災減災学術連携委員会)pdf
資料5:防災減災・災害復興に関する学術連携委員会の後継体制についてpdf
資料6:防災減災学術連携委員会ポスターpdf
資料7:委員名簿(防災減災学術連携委員会)pdf
資料8:政府と日本学術会議防災減災学術連携委員会の連携に向けた情報交換(趣旨)pdf
資料9:「防災減災学術連携委員会と防災学術連携体の連絡会」開催についてpdf
第2回(平成30年 1月26日) 議事次第(PDF形式:103KB)pdf 議事要旨(PDF形式:175KB)pdf ・資料1:前回議事要旨を参照
資料2:公開シンポジウム「2017年九州北部豪雨災害と今後の対策」事後報告書pdf
資料3:防災減災・災害復興に関する学術連携委員会の後継体制についてpdf
資料4:【要綱改正(新旧対照表)】防災減災・災害復興に関する学術連携委員会pdf
資料5:「防災減災学術連携委員会と防災学術連携体の連絡会」開催案pdf
資料6:緊急事態における日本学術会議の活動に関する指針pdf
第1回(平成29年12月14日) 議事次第(PDF形式:95KB)pdf 議事要旨(PDF形式:201KB)pdf ・資料1:議事次第を参照
資料2:委員名簿(防災減災・災害復興に関する学術連携委員会)pdf
資料3:第23期・第4回「防災減災・災害復興に関する学術連携委員会」議事要旨pdf
資料4:活動報告(第23期・防災減災・災害復興に関する学術連携委員会)pdf
資料5:日本学術会議 防災に関する学会連携の学術フォーラムまたは公開シンポジウムpdf
資料6:公開シンポジウム「衛星情報・地理情報と防災イノベーション」及び「衛星情報・地理情報を防災に生かそう」ポスターpdf
資料7:公開シンポジウム事後報告書pdf
資料8:仙台ぼうさいこくたい憲章pdf
資料9:公開シンポジウムポスターpdf
資料10:設置要綱及び設置提案書「防災減災・災害復興に関する学術連携委員会」pdf
資料11:(回答書)防災減災・災害復興に関する学術連携委員会 課題と今後に関する提案pdf
参考資料1:日本学術会議防災減災・災害復興に関する学術連携委員会ポスターpdf
・参考資料2:2011年3月以前の公開シンポジウム(自然災害軽減のための学協会の役割と課題)
・参考資料3:2011年10月以降の学術フォーラム・公開シンポジウム
・参考資料4:防災学術連携体パンフレット(和文)
・参考資料5:防災学術連携体パンフレット(英文)
参考資料6:「緊急事態における日本学術会議の活動に関する指針」(平成26年2月)pdf
参考資料7:第23期「防災減災・災害復興に関する学術連携委員会」設置提案書(平成27年7月)pdf

 25期の開催状況

 23期の開催状況


※PDFファイルを表示させるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらから無償でダウンロードできます。Get Adobe Reader
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN