地区会議講演会の様子

中部地区会議主催 学術講演会「環境教育・環境研究を通じた地域貢献」

(令和4年7月8日)(オンライン開催)

 令和4年7月8日(金)に、中部地区会議主催、信州大学共催により「環境教育・環境研究を通じた地域貢献」をテーマにした学術講演会を開催しました。
 信州大学の中村学長、主催者である日本学術会議の髙村副会長、中部地区会議の池田代表幹事による開会挨拶の後、以下の報告・講演が行われました。

  • 科学者との懇談会活動報告
     松田 正久(中部地区科学者懇談会幹事長)
     竹下 徹(中部地区科学者懇談会長野県幹事)
  • 講演 「活断層地震研究を地域に還元する」
     廣内 大助(信州大学教育学部教授)
  • 講演「DNA解析から紐解く信州の生物多様性」
     東城 幸治(信州大学理学部教授)

最後に中部地区会議の中山 淳連携会員(信州大学医学部教授)から閉会の挨拶が行われました。本学術講演会は、115名の方にご参加いただきました。


 中部地区会議主催 学術講演会「環境教育・環境研究を通じた地域貢献」(PDF形式:1,534KB) PDF


○写真1:講演の様子(廣内先生)

○写真2:講演の様子(東城先生)