日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

地区会議講演会の様子

近畿地区会議主催 学術講演会「カーボンニュートラル:2050年までに何をすべきか」

(令和3年9月20日)(オンライン開催)

 令和3年9月20日(月・祝)に近畿地区会議主催、京都大学共催により「カーボンニュートラル:2050年までに何をすべきか」をテーマにした学術講演会を開催しました。(オンライン開催)
 小山田近畿地区会議代表幹事、主催者である日本学術会議の髙村副会長による開会挨拶、下條(日本学術会議第三部会員・大阪大学サイバーメディアセンター長)による趣旨説明の後、以下の講演が行われました。


  • 基調講演「カーボンニュートラル ― 持続可能な社会に向けて」
     大久保 規子(日本学術会議第一部会員・大阪大学大学院法学研究科教授)
  • 話題提供1「住まいの脱炭素化への取り組み」
     近田 智也(積水ハウス株式会社 環境推進部長兼温暖化防止推進室長)
  • 話題提供2「長期気候緩和シナリオ研究とカーボンニュートラル」
     藤森 真一郎(京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻准教授)
  • 話題提供3「Z世代と気候変動」
     内藤 光里(京都大学大学院地球環境学堂地球環境政策論分野・Fridays For Future Japan)
  • パネル討論・全体総括
     コーディネータ:下條 真司(日本学術会議第三部会員・大阪大学サイバーメディアセンター長)
    近田智也、藤森真一郎、内藤光里、永田 綾(京都市環境政策局地球温暖化対策室エネルギー政策部長)、西谷 公孝(日本学術会議連携会員・神戸大学経済経営研究所副所長)

最後に近畿地区会議の髙山 佳奈子(日本学術会議第一部会員・京都大学大学院法学研究科教授)から閉会の挨拶が行われました。本学術講演会は、約320名の方にご参加いただきました。


 近畿地区会議主催 学術講演会「カーボンニュートラル:2050年までに何をすべきか」ポスター(PDF形式:1,242KB) PDF


講演会の様子

基調講演(大久保先生)

中国・四国地区会議、第三部等主催 公開シンポジウム「ジェンダード・イノベーション(Gendered Innovations)~一人ひとりが主役の研究開発が新しい未来を拓く~」

(令和3年8月18日)(オンライン開催)

 令和3年8月18日(水)に、中国・四国地区会議、第三部、科学者委員会男女共同参画分科会及び国立大学法人広島大学主催により、公開シンポジウム「ジェンダード・イノベーション(Gendered Innovations)~一人ひとりが主役の研究開発が新しい未来を拓く~」を開催しました。
 日本学術会議の梶田会長、吉村第三部部長及び越智広島大学学長(第二部会員)による開会挨拶の後、以下のとおり講演等が行われました。


  • シンポジウムの趣旨説明
     渡辺 美代子(連携会員、科学者委員会男女共同参画分科会性差に基づく科学技術イノベーションの検討小分科会委員長、国立研究開発法人科学技術振興機構副理事・ダイバーシティ推進室室長)
  • 基調講演「自然科学・工学におけるジェンダード・イノベーション」
     Londa Schiebinger(スタンフォード大学ジョン・L・ハインツ科学史教授)
  • 講演「データから見える日本の姿とその未来」
     相田 美砂子(第三部会員、中国・四国地区会議代表幹事、広島大学特任教授・学長特命補佐(研究人材育成担当))
  • 講演「ジェンダーバイアスを生む心のしくみ」
     森永 康子(広島大学大学院人間社会科学研究科教授)
  • 講演「ICTが紡ぎ出すダイバーシティ推進の未来像」
     平川 正人(島根大学大学院自然科学研究科教授)
  • 講演「薬物有害事象の発現リスクにおける性差分析」
     石澤 有紀(徳島大学大学院医歯薬学研究部准教授)
  • 講演「性差医療の現状と今後の展望」
     片岡 仁美(岡山大学病院ダイバーシティ推進センター教授)
  • 講演「「自然体」-人間中心を追求したMX-30開発」
     竹内 都美子(マツダ株式会社人事本部本部長)
  • パネルディスカッション「-「他人事」ではなく「自分事」にー」
     モデレーター 堀 利栄(第三部会員、愛媛大学大学院理工学研究科教授、副学長(ダイバーシティ担当))
     パネリスト 渡辺 美代子、相田 美砂子、森永 康子、平川 正人、石澤 有紀、片岡 仁美、竹内 都美子
     白川 俊之(広島大学大学院人間社会科学研究科准教授)
     今村 維克(岡山大学大学院自然科学研究科教授)
     高山 弘太郎(第二部会員、豊橋技術科学大学大学院工学研究科教授、愛媛大学大学院農学研究科教授)

最後に中国・四国地区会議の相田代表幹事から閉会の挨拶が行われました。本シンポジウムは、オンラインで開催し、合わせて約450名の方にご参加いただきました。


 公開シンポジウム「ジェンダード・イノベーション(Gendered Innovations)~一人ひとりが主役の研究開発が新しい未来を拓く~」ポスター(PDF形式:225KB) PDF


基調講演(Londa Schiebinger先生)
基調講演動画はこちら(YouTube)

パネルディスカッションの様子

中部地区会議主催 学術講演会「高齢社会を生きぬくための取り組み」

(令和3年7月30日) 於:金沢大学角間キャンパス(オンラインで同時配信)

 令和3年7月30日(金)に金沢大学角間キャンパス(オンラインで同時配信)にて、中部地区会議主催、金沢大学共催により「高齢社会を生きぬくための取り組み」をテーマにした学術講演会を開催しました。
 金沢大学の山崎学長、主催者である日本学術会議の梶田会長、中部地区会議の池田代表幹事による開会挨拶の後、以下の報告・講演が行われました。


  • 科学者との懇談会活動報告
     福森 義宏(中部地区科学者懇談会石川県幹事)
  • 講演「地域コホート研究を起点とする認知症予防法の開発~なかじまプロジェクト~」
     山田 正仁(金沢大学名誉教授、国家公務員共済組合連合会九段坂病院副院長、東京医科歯科大学特命教授)
  • 講演「生活習慣病(Non-communicable diseases)の個別化予防・ゼロ次予防を目指して」
     中村 裕之(金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学教授)
  • 講演「The ごちゃまぜ 看取り合う共生社会」
     雄谷 良成(社会福祉法人佛子園理事長)

最後に中部地区会議の松井三枝会員(金沢大学国際基幹教育院教授)から閉会の挨拶が行われました。本学術講演会は、190名(うちオンライン135名)の方にご参加いただきました。


 中部地区会議主催 学術講演会「高齢社会を生きぬくための取り組み」ポスター(PDF形式:2,241KB) PDF


金沢大学山崎学長挨拶

講演の様子(山田先生)
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN