日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ> 国際活動> AASSA 地域ワークショップ-包摂的な社会のための科学の役割-持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2016

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2016

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2016-AASSA 地域ワークショップ-包摂的な社会のための科学の役割

日本学術会議では「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議(持続会議)」を毎年開催しています。2016年度は持続会議として2つの会議を開催し、2017年3月1日~3日に、2つ目の企画であるAASSA地域ワークショップを、AASSA(The Association of Academies and Societies of Sciences in Asia, アジア科学アカデミー・科学協会連合)と共催しました。16か国からの80名を超える参加者が、「包摂的な社会のための科学の役割」をテーマとして議論を行い、宣言がとりまとめられました。

 ■ 会期   2017年3月1日(水)~3日(金)
 ■ 会場   日本学術会議 6-C会議室(東京都港区六本木7-22-34)
 ■ 主催   日本学術会議
 ■ 共催   AASSA(The Association of Academies and Societies of Sciences in Asia, アジア科学アカデミー・科学協会連合)

 プログラム(PDF形式:131KB)pdf
 議長総括(PDF形式:152KB)pdf
 宣言(PDF形式:98KB)pdf

Photo


このページのトップへ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN