日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   受精卵ゲノム編集技術の臨床応用に関する国際会議
    (英文)   International commission on the clinical use of human

  2. 会 期

    令和元年8月13日~14日(2日間)

  3. 会議出席者名

    阿久津英憲

  4. 会議開催地

    米国ワシントンDC

  5. 参加状況  参加国名:アメリカ、カナダ、日本、中国、マレーシア、インド、イギリス、スウェーデン、フランス、南アフリカ 参加国数:10か国
    本委員会の参加者数........30名(うち日本人..1名)

  6. 会議内容

    • 日程及び会議の主な議題
      8月13日:Public meetingが行われた。会議はThe National Academy of SciencesのHPで全て公開されている。
      8月14日:事務局および幹事委員によるclosed meeting

    • 会議における審議内容・成果

    • 会議において日本が果たした役割
      幹事委員として国際的な議論の枠組みに加わり、担当するサブグループの課題に対し議論を深め、最終報告書策定に向け役割を担う。

    • その他特筆すべき事項(共同声明や新聞等で報道されたもの等)



会議の模様

  ゲノム編集全般に関する、科学と応用の最先端の知見を取得するとともに、受精卵ゲノム編集技術を臨床利用することの是非、必要性があるのならばどのような環境整備が必要か、社会との議論や社会への教育はどのように行われるべきか、国際連携のあり方など幅広く、注意深く議論した。来春に報告書を出す予定。

次回開催予定:
令和元年11月14-16日(ロンドンにて開催)


会議の様子

このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN