日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   G7サイエンス・カンファレンス及びICSU・ISSC事務局との意見交換
    (英文)   G7 Science Conference, and meeting with ICSU and ISSC Secretariats

  2. 会 期

    平成29年5月2日~4日(3日間)

  3. 会議出席者名

    花木啓祐(日本学術会議副会長)、パリについては鈴木孝介(日本学術会議事務局参事官(国際業務担当))随行

  4. 会議開催地

    パリ(フランス)、ローマ(イタリア)

  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)

    5ヶ国及び8機関、約35名、日本人参加者1名

  6. 会議内容  

    5月2日~3日
    平成29年3月に開催されとりまとめられたGサイエンス国際会議の声明の公表の機会に、G7各国アカデミーとIAPなどの国際学術機関の代表が集まりカンファレンスを開催した。G7各国アカデミーは「各国アカデミーの役割」を、国際学術機関は「ネットワーク機関の役割と政策への貢献」を発表した。日本学術会議からは”Mobilizing inter- and trans-disciplinary activities by national academy”という題目で発表を行った。
    次いで、クイリナーレ宮殿にてマッタレラ・イタリア大統領に声明手交式を開催し、各国アカデミー代表も参加した。
    昨年のGサイエンス開催国である日本として、3月の「Gサイエンス学術会議2017会合」と今回のコンファレンスを通じて、アカデミーの世界的な協力に貢献した。

    なお、5月4日には、パリにて2018年に見込まれるICSUとISSCの合併について、両組織の事務局長と意見交換を行った。



会議の模様




このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN