日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   国際科学史技術史学会評議会
    (英文)   The Council of Division of the History of Science and Technology (of the International Union of the History and Philosophy of Science and Technology, under ICSU)

  2. 会 期
      平成27年12月12日(1日間)
  3. 会議出席者名
      橋本 毅彦
  4. 会議開催地  中国・北京・友誼賓館
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      参加国数:12か国、参加者数:約13名
      日本人参加者:橋本毅彦
  6. 会議内容  

    国際科学史技術史学会の運営に関する議事。各分科会の活動状況確認、学会の本拠地をパリ天文台にすること、国際科学技術基礎論学会との協力強化、次回ブラジルでの国際科学技術史学会開催の準備状況確認、ユネスコの人文社会科学系の連合組織の再活性化などが議論された。


    次回開催予定 2016年12月3日にリオデジャネイロで開催予定

このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN