日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   第36回国際農作業科学学会(CIOSTA)及び国際農業工学会(CIGR)
       第5専門技術部会 会議 2015
       CIGR執行役員会、理事会、専門技術部会、及び第5専門技術部会集会
    (英文)   XXXVI CIOSTA and CIGR Section V Conference 2015

  2. 会 期  2015年 5月25日~28日(4日間)
  3. 会議出席者名
    主な出席者

    日本学術会議連携会員
      :梅田幹雄(CIGR事務局長)
      :岸田義典(CIGR資金戦略委員会委員長)
      :清水 浩(CIGR 第3専門技術部会理事)

    岩渕和則(CIGR 第4専門技術部会理事)

  4. 会議開催地  ロシア、サンクト・ペテルブルク市
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      参加国:29か国、参加者数:240名、日本人参加者:6名
  6. 会議内容  
    • 日程及び会議の主な議題

      5月25日10:00-12:00 執行役員会、同日15:00-18:00 理事会::
      次々期会長、次期事務局長選出について、新ハンドブック(Handbook VII)非食用材料出版について、CIGRアカデミーについて、2014年決算と2016年予算について、ニュースレター、ジャーナルの発行状況について報告され、執行役員会で審議後、理事会で承認された。

      5月25日14:00-15:00、専門技術部会長会議
      2014年の活動と2016年の活動方針報告・検討。
      5月27日8:00-9:00 第5専門技術部会:
      当部会で発表された論文をデータベースにすることと、2017年のCIOSTA&CIGR第5専門技術部会会議の開催をイタリア・シチリア島のパレルモ大学で行うことを決定した。

    • 会議における審議内容・成果

      新ハンドブック(Handbook VII)非食用材料の出版について、準備を進めることを決定した。2014年の決算と2016年の予算が承認された。

    • 会議において日本が果たした役割

      梅田幹雄が事務局長として、会議のための2014年議事録(案)、審議項目をまとめまた、会計処理・決算、予算案の立案審議のための準備を行った。岸田義典は資金戦略委員会委員長として活動報告を行うとともに、審議事項について日本の立場を述べた。

    • その他特筆すべき事項(共同声明や新聞等で報道されたもの等)

      奇数年のため特になし。



会議の模様

次次期会長 (Next Incoming President)、次期事務局長の人選について、本年12月締め切りで公募を行う。会長提案のHandbook VII(非食料生物材料)の出版のための準備を行うことが決定された。事務局長から会費の集まり状況に、2014年決算、2016年予算について報告があり、審議の結果承認された。ニュースレターとCIGRジャーナルの投稿・出版状況について報告され了承された。
専門技術部会の理事については2016年の総会で見直すこととなった。

次回は2016年にデンマーク・オールフス(Arhus)大学でConference を、2018年にトルコAntalya、Akdeniz大学でCongressを、2020年にカナダ・ケベックでのConferenceを開催することを確認し、開催国の理事から準備は順調に進んでいるとの報告があった。




このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN