日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   第19回国際科学会議アジア太平洋地域委員会
    (英文)   The 19th Meeting of ICSU Regional Committee for Asia and the Pacific

  2. 会 期  平成27年 4月23日~24日(2日間)
  3. 会議出席者名  山形 俊男
  4. 会議開催地  クアラルンプール
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      10カ国(事務局をホストするマレーシア代表を含む)、14名(ICSU本部および地域事務局メンバーを含む)、日本人1名
  6. 会議内容  
    • 日程及び会議の主な議題

      本委員会には今期から韓国、インドネシアの新委員が加わり、継続委員も含めて加盟24カ国(及び台湾)のなかで9カ国の委員により構成されている。主な議題の一つは2006年の地域事務所導入時に設定した三優先分野<危険と防災、持続可能エネルギー、生態系>、及び2008年に追加した<都市の健康と良き生>に関する活動報告と問題点、今後の展開についである。地域事務所が主導する<南、東アジア縁辺海の持続可能性イニシャチブ(SIMSEA)計画>は生態系分野のなかで議論される。もう一つの主要議題はフューチャーアースの進展状況と地域委員会の役割についてである。

    • 会議における審議内容・成果

      四つの優先分野に関する通常の活動報告に加えて、今回はICSU本部から参加した、新任のHeide Hackmann事務局長と長時間にわたり忌憚のないオープンダイアローグを行った。より学際性、超学際性が強まる中でのICSUの今後について、国際的なアカデミー活動が増える中でICSU活動をいかに「見える化」するか、ICSUに加盟している科学ユニオン代表と各国代表とのコミュニケーションギャップ、地域事務所の活動とのコミュニケーションギャップ、フューチャーアースにおけるユーロセントラリズムの問題、こうした問題をどう克服していくか、またICSUの任務はフューチャーアースだけでないこと、地域事務局発信の初めての実プログラムとしてのSIMSEA計画への期待など、活発な意見交換が行われた。

    • 会議において日本が果たした役割

      SIMSEA計画はその立案段階からわが国の研究者が関与しており、海の持続的な健康と利活用に向けて、計画の具体化、資金確保などでアジア、太平洋地域におけるリーダーシップがますます期待されている。

    • その他特筆すべき事項(共同声明や新聞等で報道されたもの等)

      特になし。



会議の模様

次回の第20回委員会はタイ代表の誘致によりチェンライで11月末ごろに開催する予定である。


次回開催予定 2015年11月末


このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN