持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議|日本学術会議

日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ> 国際活動> 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2013

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2013                 >> English

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2013
  巨大複合災害(地震・津波・原子力発電所事故)-影響波及と対策、及び将来に向けての政策選択

日本学術会議では「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議」を毎年開催しています。第11回にあたる今回の会議は、IAC、IAP、ICSU、国連大学との共催により、10月9日・10日の2日にわたって「巨大複合災害(地震・津波・原子力発電所事故)-影響波及と対策、および将来に向けての政策選択」をテーマとして開催されました。東日本大震災/福島第一原発事故から2年半が経過した時点で、巨大複合災害からの復興状況や諸課題を俯瞰するとともに、将来への教訓を共有するための議論が行われました。

 ■ 会期   2013年10月9日(水)~10日(木)
 ■ 会場   日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
 ■ 主催   日本学術会議
 ■ 共催   IAC(インターアカデミー・カウンシル)
         IAP(科学アカデミー・グローバルネットワーク)
         ICSU(国際科学会議)
         UNU(国際連合大学)
 ■ 後援   日本経済新聞社
 ■ 言語   英語及び日本語(同時通訳あり)
 ■ 参加費  無料(事前登録要)
 ■ 定員   先着200名(各日)

 ご挨拶(PDF形式:126KB)pdf
 会議概要(PDF形式:139KB)pdf
 出席者一覧(PDF形式:81KB)pdf
 プログラム(PDF形式:186KB)pdf

 発表資料

ポスター
 ポスター(PDF形式:350KB)
pdf
Photo


このページのトップへ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN