日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN 日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN
  わが国の科学者の内外に対する代表機関
内閣府共通検索
お問合せ・ご意見 サイトマップ English
日本学術会議 トップページ > 提言・報告等 > 日本学術会議会長コメント平成17年4月2日
 
日本学術会議会長コメント

平成17年4月2日
 「日本の科学技術政策の要諦」について
日本学術会議会長コメント 「日本の科学技術政策の要諦」について 日本学術会議は、平成17年4月2日に、「日本の科学技術政策の要諦」と題する声明を発表した。これは、平成14年に日本学術会議が策定した「日本の計画」の延長上にあり、平成18年から始まる第3期科学技術基本計画の策定に当たって、政策立案の理念を提供するものである。
 21世紀における世界的共通課題である地球環境の劣化、人口の爆発的な増加及び南北格差の拡大は、人類社会の持続可能性にとって大きな脅威をもたらすものである。そこで、2050年に向けて「品格ある国家の実現」及び「アジアの信頼構築」という明確な国家目標を設定し、これらを「人類社会の持続可能性(サステイナビリティ)」、すなわち、「環境と経済の両立」という目標ミッションの具現化を通して達成する。
 科学技術政策は、こうした国家ビジョンを実現する政策の一つとして立案されるべきであり、そこで重要となる政策分野は、教育の改革や民主社会の実現など10課題に括ることができる。これらの目標ミッションの各課題について、2020年を目指した3段階の5カ年計画を、戦略的に策定すべきであり、第3期科学技術基本計画はその第1次の5ヵ年計画として位置付けられるべきである。
日本学術会議会長 黒川 清
【参考】
・日本学術会議ホームページ http://www.scj.go.jp
         
【問い合わせ先】
日本学術会議事務局企画課広報係電話 : 03−3403−1906(直通)
Copyright 2007 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN