日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ> 国際活動> 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議> 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015> English

フューチャー・アース

日本学術会議講堂にて持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015が開催されました。

 ■ 会期   2015年11月15日(日)
 ■ 会場   日本学術会議 6-C会議室(東京都港区六本木7-22-34)
 ■ 主催   日本学術会議
 ■ 言語   日本語・英語(同時通訳あり)
 ■ 参加者  200名

フューチャー・アースとは
気候、物質循環、生物多様性、人間活動を含め、地球の変動を包括的に理解し、地球規模課題の解決に資する研究の総合的な推進を目指す国際協働の枠組みで、研究のステークホルダーと、Co-design:(一緒に研究計画)、Co-production:(一緒に研究実施)、Co-delivery:(一緒に結果の応用、実装)が鍵になっている(Trans-disciplinary:こうした研究者とステークホルダーの協働を織り込んだ研究手法をトランス・ディシプリナリーな研究と呼んでいる)

 ポスター(PDF形式:1,593KB)pdf



このページのトップへ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN