日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN 日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN
  我が国84万人の科学者の代表機関
内閣府共通検索
お問合せ・ご意見 サイトマップ English
日本学術会議 トップページ > 代表派遣 > 代表派遣結果等
 
代表派遣会議出席報告
1 名 称  国際農業工学会2010年世界大会、及び執行役員会、理事会、総会等
       (XVII CIGR World Congress 2010, and the Presidium Meeting, Executive Board Meeting, Technical Board Meeting, Section Board Meeting and General Assembly)
2 会 期 2010年 6月12日~17日(6日間)
3 会議出席者名  木村俊範、真木太一、村瀬治比古(CIGR分科会委員)
4 会議開催地 カナダ国、ケベック市(ケベック市国際会議場、及びヒルトン・ケベック・ホテル)
5 参加状況 (参加国数、参加者数、日本人参加者)  参加国46カ国,参加者数820名,日本人参加者43名
6 会議内容

・日程及び会議の主な議題
6月12日8:30-14:15 執行役員会    
議題:新役員選挙結果とそれに伴う規則改正を始めとする理事会、総会提出議案の整理等    
6月12日14:40-17:30 理事会    
議題:新役員選挙結果とそれに伴う規則改正、監査役の推薦、2009年決算案、2010年、2011年予算案、新設ワーキンググループ等の承認    
    18:30-21:00 ワーキンググループ会議    
6月13日 9:00-11:55 専門技術委員会    
議題:各専門部会、ワーキンググループの活動報告、専門部会の略称決定、専門部会理事の推薦等    
     13:00-17:00 各専門部会7部門会議
     17:00- Water management & information systemsのWG会議    
6月14日-16日 テクニカルプログラム、一般講演、ポスター発表 Joint開催されたASABE、CSBE、AEES等のシンポジウムを加え、3日間に133セッション、746件(内、ポスター発表241件)の研究発表が行われた。    
6月15日16:30-17:30 第51回CIGR総会    
議題:新役員選挙結果とそれに伴う規則改正、監査役の推薦、2009年決算案、2010年、2011年予算案、新設ワーキンググループ、専門部会の略称等の承認、EJournal編集委員会移管の報告、次期大会開催の確認、表彰   
・ 会議における審議内容・成果
1)2011- 2014年次期会長、理事選挙結果、監査役推薦が了承、新役員の顔ぶれ決定
2)上記選挙、及びEJournal編集委員会移管に伴う理事メンバー配置にかかる規則の微小改正を決定
3)決算、予算案の承認
4)専門部会の略称、およびその説明文の確定
5)2012年以降の大会準備、案内、2018年開催地募集
6)創立80周年行事と表彰行事の催行
・会議において日本が果たした役割  
各種会議においては、前事務局、現事務局をわが国が担当しており、役員選挙、及び今大会の成功に大きく寄与した。一方、テクニカルプログラムではわが国からの発表は22件(口頭15、ポスター7)と少なかった。  わが国開催の国際シンポジウムWEF2011の概要につき、理事会において発表し、またセカンドサーキュラーを配布して周知に努めた。
・その他特筆すべき事項
 なし

7 会議の模様

会議全体を通して議事を順調に進めることができ、2011年からの新役員が決定した。 2009年1月における規約の大幅改訂直後にも拘らず、今回の役員選挙で見られた任期の不徹底、理事定員の扱い等、運営実態に規則を合わせる努力がさらに必要との認識を持った。また、今後の財政健全化も重要な課題として残される。 わが国関連事項として、現事務局任期終了後の後任事務局の募集を始める旨、理事会、総会において会長からアナウンスされた。

次回開催予定:
1)平成 23 年 9 月 19 日から平成 23 年 9 月 23 日まで 5 日間
   開催地  日本国  東京都
   主催機関 日本学術会議、日本農業工学会及び国際農業工学会(CIGR)
   名 称   CIGR International Symposium on Sustainable Bioproduction WEF 2011
   所在地  University of Tsukuba, Graduate School of Life & Environment Sciences, 1-1-1 Tennodai, Tsukuba, Ibaraki, Japan
   代表者 Prof. Taichi Maki
    会 議:執行役員会、理事会、専門技術委員会、専門部会等    
2)平成24年7月8日から同年7月12日までの5日間
   開催地 スペイン国 ヴァレンシア市   
   準備(主催)機関  国際農業工学会(CIGR)、欧州農業工学会(EuroAgEng)、及びスペイン農業工学会(SeAgEng)
   名 称 CIGR-AgEng2012, International Conference of Agricultural Engineering ‘Agriculture & Engineering for a Healthier Life’
   所在地 Local: c/o Instituto Valenciano de Investigaciones Agrarias, Valencia, Spain CIGR HQ: Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University, N-9, W-9, Kita-ku, Sapporo 060-8589, Japan
   代表者 Prof. Florentino Juste (Local Organizer) Prof. Toshinori Kimura (Secretary General of CIGR)
   会 議:執行役員会、理事会、専門技術委員会、専門部会、総会、表彰等


総会風景                          総会における表彰式                   歴代CIGR会長・事務局長



このページのトップへ
Copyright 2010 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN