日本学術会議緊急フォーラム「新型コロナウイルス感染症の災害級流行急拡大への対応」

 デルタ株の蔓延などから新型コロナウイルス感染症の流行が全国で急拡大しており、災害級の人的被害を生じるのではないかと危惧されています。本フォーラムでは、流行予測体制、人流抑制、変異株の脅威、治療、陽性者の同定と管理・医療調整などの現場で新型コロナウイルス感染症と対峙されている基礎医学・臨床感染症学・感染症流行予測などの分野の専門家に、現在必要な緊急対応をご提言いただきます。

こちらでコメントを受け付けております(9月20日まで)。 受付期間終了しました。

イベント概要

日時 2021/9/11(土)13:25~16:10 ※13:30より開始
開催地 オンライン開催(YouTubeライブ配信 9/11(土)13:25~9/20(月)10:00まで視聴可能)
定員 なし
対象 どなたでも参加いただけます
参加費 無料
プログラム
総合司会
武田 洋幸(日本学術会議会員・第二部部長、東京大学大学院理学系研究科教授)
13:25~13:30 開会挨拶
望月 眞弓(日本学術会議会員・副会長、慶應義塾大学名誉教授)
13:30~14:00 「新型コロナ感染シミュレーションの現状と今後」
北野 宏明(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策・AIシミュレーション検討会議座長、人工知能研究開発ネットワーク会長)
資料その1(PDF形式:2,627KB) 資料その2(PDF形式:1,966KB)
14:00~14:30 「新型コロナウイルスの懸念される変異株:なぜ変異株は脅威なのか?」
渡辺 登喜子(大阪大学微生物病研究所教授)
資料(PDF形式:1,001KB)
14:30~15:00 「医療の現場から」
大曲 貴夫(国際医療研究センター国際感染症センター長)
資料(PDF形式:371KB)
15:00~15:20「学術と行政の連携―学術の立場から」
田中 純子(日本学術会議連携会員、広島大学 理事・副学長・大学院医学系研究科教授、広島県感染症・疾病管理センター感染症専門員)
資料(PDF形式:3,526KB)
15:20~15:40「学術と行政の連携―行政の立場から」
白井 千香(枚方市保健所長、全国保健所長会副会長)
資料(PDF形式:692KB)
15:40~16:10 まとめと閉会挨拶
磯 博康(日本学術会議会員、日本医学会連合副会長、大阪大学大学院医学系研究科教授、国立国際医療センター グローバルヘルス政策研究センター長)
 申込み 事前申込不要。
8/30~9/8までこちらにて事前質問を受け付けます。 事前質問の受付は終了しました。
 問い合わせ 日本学術会議事務局審議第1担当第二部担当
メールアドレス:nibu-scj(a)cao.go.jp *(a)を@にして送信
備考 主催:日本学術会議第二部、一般社団法人日本医学会連合
後援:日本生命科学アカデミー