近畿地区会議主催 学術講演会「カーボンニュートラル:2050年までに何をすべきか」

 カーボンニュートラルは、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることである。ここで、「排出を全体としてゼロ」とは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量から、森林などによる吸収量を差し引いた、実質ゼロを意味する。カーボンニュートラルの2050年実現に向けて、政府や関係省庁は、電化の促進、電源の脱炭素化、再生可能エネルギーの最大限の導入、地域での再エネ倍増に向けた取組など、さまざまな技術の社会実装施策を打ち出している。
 今回の学術講演会では、こうした新たな技術の発展の中で、科学者と市民、自治体、産業界がどのように取り組んでいけるのか、対話を深めたいと考える。特に、関西では、万博を控えて、未来をリードすべく、さまざまなステークホルダー、あらゆる世代との議論にしていきたい。

※開催形式を「オンライン配信のみ」に変更いたしました。

イベント概要

日時 2021/9/20(月・祝)13:00~17:00
開催地 京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホール
 +オンライン配信併用

※開催形式を「オンライン配信のみ」に変更いたしました。
対象 どなたでも参加いただけます
参加費 無料
定員 500名
プログラム
※新型コロナウイルス感染症の状況次第では、開催方法の変更等の措置をとる場合があります。
13:00-13:05 開会挨拶
小山田 耕二(日本学術会議近畿地区会議代表幹事・日本学術会議第三部会員・京都大学学術情報メディアセンター教授)
13:05-13:10 日本学術会議副会長挨拶
髙村 ゆかり(日本学術会議副会長・東京大学未来ビジョン研究センター教授)
13:10-13:15 趣旨説明
下條 真司(日本学術会議第三部会員・大阪大学サイバーメディアセンター長)
13:15-14:00 基調講演「カーボンニュートラル ― 持続可能な社会に向けて」
大久保 規子(日本学術会議第一部会員・大阪大学大学院法学研究科教授)
14:00-14:15 休憩
14:15-14:35 話題提供1「住まいの脱炭素化への取り組み」
近田 智也(積水ハウス株式会社 環境推進部長兼温暖化防止推進室長)
14:35-14:55 話題提供2「長期気候緩和シナリオ研究とカーボンニュートラル」
藤森 真一郎(京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻准教授)
14:55-15:15 話題提供3「Z世代と気候変動」
内藤 光里(京都大学大学院地球環境学堂地球環境政策論分野・Fridays For Future Japan)
15:15-15:30 休憩
15:30-16:50 パネル討論・全体総括
コーディネータ:
下條 真司(日本学術会議第三部会員・大阪大学サイバーメディアセンター長)
 上記の講演者に加えて、
 永田 綾(京都市環境政策局地球温暖化対策室エネルギー政策部長)
 西谷 公孝(日本学術会議連携会員・神戸大学経済経営研究所副所長)
16:55-17:00 閉会挨拶
髙山 佳奈子(日本学術会議第一部会員・京都大学大学院法学研究科教授)
総合司会
村山 美穂(日本学術会議第二部会員・京都大学野生動物研究センター教授)
 申込み 以下のページよりお申込み下さい(締め切り:9月15日(水))
参加申し込みページ 申込みは終了しました。
※対面・オンライン参加共通
 問い合わせ 日本学術会議近畿地区会議事務局(京都大学研究推進部研究推進課内)
電話:075-753-2270
E-mail:kensui.soumu(a)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (a)を@に変更してください。
備考 主催:日本学術会議近畿地区会議
共催:京都大学
後援:公益財団法人日本学術協力財団