公開シンポジウム「染色体遺伝子の新たな姿とゲノム編集-生命のさらなる理解と医療・育種への展開-」

日本農芸化学会では、農芸化学分野の活動や研究内容を広く知っていただく農芸化学「化学と生物」シンポジウムを毎年開催しております。

今年度は、年次大会の福岡開催に併せて、ゲノム研究の今を知り、今後の展開性をテー マとして開催することとなりました。医療や健康分野にとどまらず、食品分野にも広く関わる様々なゲノム科学に関わる最先端研究について、これらの分野で世界をリードしている3名の研究者にわかりやすく講演をしていただく予定です。私たちの生活に広く、また深く関わるゲノム科学について、農芸化学分野の果たす役割と今後の研究動向を大会参加者だけでなく、一般の方や高校生にもお伝えできれば幸いです。

多くの方々のご来聴をお待ちしております。

イベント概要

日時 2020/3/26(木)15:00-17:00
開催地 九州大学伊都キャンパス椎木講堂
(福岡県福岡市西区元岡744)
対象 どなたでも参加いただけます
定員 約---名
プログラム
開会の挨拶
吉田 稔(日本農芸化学会 会長)
日本学術会議 挨拶
熊谷 日登美(日本学術会議 農芸化学分科会)
講演「エピジェネティクス:ゲノムの高度活用戦略」
佐々木 裕之(九州大学生体防御医学研究所)
座長:久原 哲(日本学術会議 農芸化学分科会)
講演「進化を牽引するゲノムのパワー」
小林 武彦(東京大学定量生命科学研究所)
座長:石野 良純(九州大学大学院農学研究院)
講演「品種改良とゲノム編集」
中村 崇裕(九州大学大学院農学研究院)
座長:村中 俊哉(日本学術会議 農芸化学分科会)
総括
(大会実行委員会)
閉会の挨拶
阿部 敬悦(日本農芸化学会 副会長)
 申込み 事前登録はありませんので、直接会場にお越しください。
 問い合わせ 公益社団法人日本農芸化学会
電話:03-3811-8789
E-mail:taikai*jsbba.or.jp(*を@に変えてください)
備考 主催:公益社団法人日本農芸化学会
共催:日本学術会議 農芸化学分科会、九州大学(予定)