公開シンポジウム「歴史認識と植民地責任」

アジアをはじめ様々な地域で問い直されている「歴史認識」問題は、広い世界史的文脈に位置づけ、学術的知見を活かして、客観的に検討・議論すべき問題ではないでしょうか?

本シンポジウムは、戦争や植民地支配の責任、「記憶」、歴史認識・歴史意識の形成というテーマが持つ普遍性、グローバルな広がりに着目し、多角的議論を行なうことを通じ、問題の本質に迫ります。

イベント概要

日時 2020/3/15(日)13:00-17:30
開催地 東京大学(本郷キャンパス)法文2号館1番大教室
東京都文京区本郷7-3-1
対象 どなたでも参加いただけます
定員 約---名
プログラム
13:30 開会挨拶
吉澤誠一郎(日本学術会議連携会員、東京大学文学部教授)
13:50 報告1:朝鮮近代史研究の立場から
愼蒼宇(法政大学教授)
14:30 報告2:戦争責任・アジアにおける戦後補償問題の角度から
内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)
15:10 報告3:世界史的視角――植民地責任と帝国の「記憶」、歴史意識のあり方
井野瀬久美恵(日本学術会議連携会員、甲南大学教授)
15:50-16:00( 休憩 )
16:00 パネルディスカッション・総合討論
(司会)久保亨(日本学術会議連携会員、信州大学特任教授)/栗田禎子(日本学術会議会員、千葉大学文学部教授)
17:30 閉会挨拶:久保亨
 申込み 事前申し込みは不要です
 問い合わせ 久保亨
E-mail:kubot*shinshu-u.ac.jp(*を@に変更して送信して下さい))
備考 主催:日本学術会議 (言語・文学委員会・哲学委員会・史学委員会・地域研究委員会合同「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」)