学術フォーラム「未来への挑戦ー日本学術会議100年に向けてー」

30年後に日本・世界はどうなる?少子高齢化、AI、ゲノム編集、気候変動、エネルギー問題、災害など、私たちの未来を左右する大問題について、日本学術会議の研究者たちは何を考えているのか。産業界や若者たちは何を求めているのか。学術会議創立70周年企画の「提言」のエッセンスをいち早くお届けします。

イベント概要

日時 2020/3/30(月)9:30-17:20(9:00受付開始)
開催地 日本学術会議講堂
(東京都港区六本木7-22-34)
対象 どなたでも参加いただけます
定員 250名(先着)
プログラム
総合司会
野尻美保子(学術会議第三部会員)
9:30 開会挨拶
日本学術会議 山極壽一会長
科学技術振興機構 濵口道成理事長
文部科学省 文部科学審議官(予定)
内閣府 松尾泰樹政策統括官
9:50~10:10 「未来への挑戦 ー日本学術会議100年に向けてー」の概要説明
山極壽一(学術会議会長)
10:10~11:05 Part 1. 持続可能な社会の実現に向けて
司会 宮崎恒二(学術会議第一部会員)
【本文解説】多様性と包摂性のある社会へ-誰もが自分らしく生きられる未来への道筋 遠藤薫(学術会議第一部会員)
【関連テーマ】 少子高齢化と向き合う 安村誠治(学術会議第二部会員)
【関連テーマ】 共生社会実現の課題 竹沢泰子(学術会議連携会員)
【コメント】持続可能な社会を実現する技術 徳田英幸(学術会議第三部副部長)
【コメント】AIと社会  山崎吾郎(大阪大学COデザインセンター)
11:05~12:05 パネル討論1. 持続可能な日本社会が与える世界への影響 
ファシリテーター 佐藤岩夫(学術会議第一部会員)
パネリスト
  イリス ヴィーツォレック(学術会議外国人アドバイザー(予定))
  村山斉(学術会議連携会員)
  大野英男(学術会議第三部部長)
  藤原聖子(学術会議第一部会員) 他
12:05-13:20(75分)休憩(1)
13:20~14:15 Part 2 AIと生命科学がもたらすユートピアとディストピア  
司会 小松浩子(学術会議第二部会員)
【本文解説】 医療とAIが融合した未来社会 石川冬木(学術会議第二部部長)
【関連テーマ】 生命科学にできることとできないこと 上田泰己(学術会議連携会員)
【関連テーマ】 AIにできることできないこと 山口高平(慶應義塾大学理工学部管理工学科・理工学研究科)
【コメント】 高度医療と人の幸福 美馬達哉 (立命館大学先端総合学術研究科、医師)
【コメント】 AIの課題と未来 土井美和子(学術会議連携会員)
14:15~15:10 Part 3 環境・エネルギー・災害
司会 米田雅子(学術会議第三部幹事)
【本文解説】 エネルギー・環境問題解決のための日本の役割 高村ゆかり(学術会議第一部会員)
【関連テーマ】 農業・資源の観点から 澁澤栄(学術会議第二部会員)
【関連テーマ】 国土強靭化の観点から 和田章(学術会議連携会員)
【コメント】エネルギーの観点 鈴置保雄(学術会議第三部会員)
【コメント】災害復興をめぐる社会学 高橋五月(法政大学人間環境学部)
15:10~15:30 (20分) 休憩(2)質問票の回収
15:30~16:05 展望へのメッセージ
産業界からのメッセージ 梶原ゆみ子(富士通(株))
若手アカデミーからのメッセージ 川口慎介(学術会議連携会員)
大学学部生からのメッセージ 宮﨑紗矢香(立教大学社会学部)
高校生からのメッセージ 黒岩露敏(玉川学園高等部)、白坂翠萌(清泉女学院高等学校)
16:05~17:05 パネル討論2. 学術の観点から考える日本の選択-展望2020さらなる深読-
ファシリテーター
  渡辺美代子(学術会議副会長)
パネリスト
  モンテ カセム(学術会議外国人アドバイザー(予定))、町村敬志(学術会議第一部部長)
  寳金清博(学術会議第二部会員)、平井みどり(学術会議第二部副部長)、高橋桂子(学術会議第三部幹事)
17:05~17:20 総括と閉会挨拶
山極壽一(学術会議会長)
 申込み 申込みフォーム
 問い合わせ 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
電話:03-3403-6295
備考 主催:日本学術会議