日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ > 公開講演会・シンポジウム(社会との対話) > 公開シンポジウム「社会が受け入れられるリスクとは何か」

講演資料

公開シンポジウム「社会が受け入れられるリスクとは何か」

小長井 誠 開会挨拶
松岡  猛 安全目標の構築
中西  準子 しきい値なしモデルとリスク受容の課題
柴田  徳思 チェルノブイリ事故の経験から
松浦 祥次郎 原子力過酷事故リスクについて

※PDFファイルを表示させるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらから無償でダウンロードできます。Get Adobe Reader

このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて