日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN 日本学術会議 SCIENCE COUNSIL OF JAPAN
  わが国の科学者の内外に対する代表機関
内閣府共通検索
お問合せ・ご意見 サイトマップ English
日本学術会議 トップページ > 委員会一覧 > 分野別委員会 > 言語・文学委員会> 言語・文学委員会科学と日本語分科会 議事次第
言語・文学委員会科学と日本語分科会 議事次第
 音声言語(方言を含む日常的な話し言葉)やろう者にとっての手話言語は、日常生活の基盤であり、知的能力の基盤である。しかし、近年、音声言語・手話言語の多様性が急速に失われつつあることから、前期の科学と日本語分科会では、提言「音声言語ならびに手話言語の多様性の保存・活用とそのための環境整備」を公表した。今期の取組としては、①この提言の検証と普及、及び②手話言語の現状等に関する情報収集と整備を実施する。(委員長:工藤眞由美 副委員長:金水敏)
手話の写真
◆第24期・第3回(平成30年 7月14日) 議事次第(PDF形式:46KB)pdf
◆第24期・第2回(平成30年 4月 7日) 議事次第(PDF形式:48KB)pdf
◆第24期・第1回(平成30年 1月21日) 議事次第(PDF形式:92KB)pdf



このページのトップへ
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN