日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   海洋研究科学委員会執行理事会
    (英文)   SCOR(Scientific Committee on Oceanic Research) Executive Committee Meeting

  2. 会 期
      平成27年12月7日~9日(3日間)
  3. 会議出席者名
      山形 俊男
  4. 会議開催地  インド、ゴア
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      参加国数:14か国、参加者数:34名
      日本人参加者:山形俊男(海洋研究開発機構)、Jing Zhang(富山大学)
  6. 会議内容  

    SCOR関連事業(GEOHAB,IMBER,GEOTRACE,SOLAS,IQOE,IIOE,IOCCP,SOOS等)の進捗状況、政府間組織(IOC,GESAMP,PICES)や学協会(IABO,IAMAS,IAPSO等)およびICSUとの連携状況、更にIOCと協力して推進するIIOE-2(第二期インド洋観測計画)について詳細な報告を受けた後、助言等を行った。10件の新規作業部会提案について、海洋科学面での重要性、部会推進体制の国際性、ジェンダーバランス、能力向上への配慮などの視点から詳細な評価を行い、3件を採択した。


    次回開催予定 総会は2016年、執行理事会は2017年

このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN