日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   国際科学会議(ICSU)「都市環境の変化と健康」科学委員会
    (英文)    ICSU Urban Health and Wellbeing science committee meeting

  2. 会 期  2015年(平成27年)5月11日~13日(3日間)
  3. 会議出席者名  花木 啓祐 副会長
  4. 会議開催地  パリ(ICSU本部)
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      科学委員会参加者15名、うち日本人参加者1名 (花木副会長)
  6. 会議内容  
    • 主たる議題は以下の通りであった。

      - Xiamen statementについて
      - Science planの再検討
      - プログラムのimplementationについて
      - キャパシティビルディング
      - フラッグシッププロジェクト
      - Funding Priority
      - National & Regional Committee

  7. 今後の開催予定
      2015年11月に中国アモイ、2016年5月にパリで開催予定。



このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN