日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

代表派遣会議出席報告

会議概要

  1. 名 称  

    (和文)   G7対話フォーラム
    (英文)   G7 Dialog Forum

  2. 会 期  2015年(平成27年)4月29日~30日(2日間)
  3. 会議出席者名  花木 啓祐 副会長
  4. 会議開催地  ベルリン
  5. 参加状況  (参加国数、参加者数、日本人参加者)
      7 各国のアカデミーの代表者および専門家 約100名
      日本人参加者3名(うち2名は在ベルリン日本大使館)
  6. 会議内容  
    • オープニングセッション
      声明文の説明とメルケル首相への手交儀式
      ドイツ科学アカデミー(レオポルディーナ)ハッカー会長、メルケル首相の講演
    • 海洋の将来セッション
      キーノートスピーチのあと話題提供を4名行い、パネルディスカッション
    • 顧みられない熱帯病セッション
      キーノートスピーチのあと話題提供を3名行い、パネルディスカッション
    • 感染症と抗菌剤耐性セッション
      キーノートスピーチのあと話題提供を5名行い、パネルディスカッション
    • クロージングセッション
      全体討議



このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN